厚生労働省の労働安全衛生基本調査によると、労働者の産業医に対するメンタルヘルスに関する相談が大幅に増加していることがわかった。

 産業医が関与した業務の内容(従業員数50人以上の事業所)を見ると、「健康診断結果に基づく事後措置、再発防止措置の指導」(73.5%)、「健康診断の実施に関すること」(63.2%)、「健康相談・保健指導等の実施」(60.6%)が、5年前の前回調査と同じく上位に入った。

 前回調査から大幅に増加しているが「メンタルヘルスに関する相談」(34.9%)で、前回調査(18.2%)の2倍近くとなっている。

 メンタルヘルス上の理由で連続1カ月以上休業した労働者がいる事業所の割合は5.9%。事業所規模で割合に差が大きく、労働者数1000人以上(90.3%)、500〜999人(72.5%)、300〜499人(58.3%)であるのに対して、10〜29人(2.2%)、30〜49人(8.5%)となっている。

 産業別では、電気・ガス・熱供給・水道業(27%)、情報通信業(14.5%)、複合サービス業(13.9%)、学術研究,専門・技術サービス業(12.9%)では割合が高く、生活関連サービス業,娯楽業(2.4%)、生活関連サービス業,娯楽業(2.8%)、建設業(4.0%)では低い。

 調査は、常用労働者10人以上の1万2413事業所を対象に実施し、8742事業所から回答を得た。

メンタルヘルス対策の現状と課題〜復職支援は試行錯誤、問題を発見・解決する予防へ
深刻な状況が頻発するメンタルヘルス問題 従業員のストレスを把握、事前予防の強化へ
採用選考で精神疾患の罹患歴を確認できるか〜採用の自由と調査の範囲

日本人材ニュースHRN」は人材採用・人材育成の人事専門誌です。