株式会社アライクは、料理の美味しさを画像で伝えることができる、iPhone向けの食べ物系ソーシャルアプリ『FotoYum』をリリースした。

3種のスペシャルフィルタを搭載 『FotoYum』は、料理の写真から始まるコミュニケーションを支援するために開発されたiPhoneアプリだ。

本アプリでは、撮影した料理の画像が、より美味しそうに見えるよう加工することができる3種のフィルタが用意されている。使い方も簡単で、加工したい画像を選び、ボタンを押すだけで良いのだ。

加工後の写真は、TwitterやFacebookにアップロードすることができ、その情報はアライクの店舗ページにもストックされる。すなわち、美味しい料理の写真をデータベース的に活用することができるのだ。また、食べたお店の情報を簡単に追加でき、コメントのやりとりも可能となっている。

『FotoYum』は、App Storeにてダウンロードすることができる。料金は無料となっている。


Editor's eyes 本アプリでは、お店で食べた料理が「美味しかった」ことを、画像でダイレクトに伝えることができる。それを見た他のユーザが「うまそう!」ボタンで賞賛したり、実際にお店を訪れたりすることで、さらにコミュニケーションの輪が広がるのだ。

▼外部リンク

株式会社アライク
詳細ページ


■関連記事