トーソー(株)では、2007年より発売を開始した人気の調光ロールスクリーン「ビジック」をリニューアル、「ビジックデコラ バーチカル」、「ビジックデコラ」、「ビジックライト」の3タイプを10月3日(月)より新発売する。
「ビジック」は、厚地と薄地が交互に織られた前後2枚の生地を上下にスライドさせて柄の重なり具合を調節し、光の量を自由にコントロールができるロールスクリーン。今回新たに登場する「ビジックデコラ バーチカル」は、2枚の生地を上下ではなく、左右にスライドさせることで調光を行うというもので、スクリーンはロールスクリーンのように上部に巻き取るというユニークな商品である。
また「ビジックデコラ」は、フロントカバー付きのヘッドボックスを採用した装飾性の高いタイプで、部品カラーはホワイト(標準仕様)の他、木目調など6種類から選べるなどバリエーションが豊富となっている。そして「ビジックライト」は一般的なロールスクリーンの外観に近いシンプルタイプ。メカサイズがコンパクトなため小窓や腰高窓などにおすすめ。
この他、スクリーンについても、エレガントな「パレス」(4色)、3色のカラフルなボーダーをミックスした「コリス」(2色)、木目調「ウッドルック」(5色)、地紋調ドビー柄を織り込んだ「ロペ」(5色)、ポリエステルにPVC(ポリ塩化ビニル)コーティングを施した「カイトボーダー」(3色)など、質感やデザイン性にこだわった5シリーズが追加された。これにより従来のモダンテイストから、ナチュラル、エレガントまで提案の幅が広がった。