夏もやっぱりモテなかった…でも、この方法でオキニのまゆみちゃん(27歳・銀行事務)ゲットだぜ!

写真拡大

この夏も、ダメだった……。友人を辿って少しは出会いもあったけど、うまくいかず。季節はもう秋。このまま今年の年末もひとり寂しく過ごさなくてはいけないのか。こんな調子じゃ、そのうち婚期を逃しちゃうよ!

最後の頼りにと、会社の先輩を頼ってみる。

「そりゃお前、何事にもタイミングってのがあるんだよ。まずは【モテキ】でも読んでみろ」

モテキ? そういえばドラマでも話題になってたやつだな。たまたまBeeTVの番組でも流れてたから見てみるか。

■今自分はモテているのか? その時が来たと思ったら

(C)久保ミツロウ/講談社/BeeTV

なるほど。急にモテ期を迎えた主人公があたふたする話なのか。原作コミックの絵に声を入れて見せてくれるのだが、ついつい見入ってしまうな。しかし、なんでもない男が何故急にここまでモテるのか?モテキだからか? 俺にもモテキは来るのか?

ついつい引きこまれちゃって番組分は全部見ちゃったけど・・・俺は今モテたいんだよ! モテてからの話は「今後の参考」にしかならないよ! なんて思いつつ、BeeTVの番組表を見ていたら、「合コン観察バラエティー 」の文字を発見。これこれ、こういうのを探していたんだよ。

■実践の場、合コンを多角的に観察すべし

合コン観察バラエティー ガチコン

モテたい男にとっての勝負の舞台は……、そうだ、合コンだ。一見にこやかな食事の場面でも、あらゆるモテのテクニックを駆使し、時に同席の男性と協力しながら、時に出し抜く、そこは恋愛駆け引きの狩り場、恋のバトルロイヤルなのだ。

そういう観点でいうと、【合コン観察バラエティー ガチコン】は非常に参考になる番組といえる。リアル合コンの席で繰り広げられる心理戦が、男性目線と女性目線、それぞれの視点から明らかに。なるほど、こういうテクでいけばいいのか。対戦相手の女たちはそんなこと考えていたのか。

そうして自分も実践を!と、友人を頼りに合コンを設定してもらったのだが……、大方の予想通りの結果に(涙)。ガチコンの空回りする芸人たち同様、場になじめない自分が発する話題はことごとく空中分解してしまい、オキニのまゆみちゃん(27歳・銀行事務)の耳に届く前にタバコの煙にまかれてしまうのでした。

■日頃からデキる男を目指すべし。まずは「朝活」から?

デキる男の朝活講座〜今日スグ役立つ仕事のコツ〜

結果を先輩に報告。

「まったくお前はバカだなー。そんな付け焼き刃でいけるわけがないだろ。まずは“朝活”でも始めてみろよ」

「朝活?」

そういえばBeeTVの番組にそういうのがあったよな。【デキる男の朝活講座〜今日スグ役立つ仕事のコツ〜】ってこれか? これなのか?

出勤前の朝の時間を活用して、仕事や勉強、交流などの自己研鑽に充てる「朝活」。例えば「やることリストを作るより、やらないことリストを作るべき」という教え。確かに「やらねばならない」ことで自分を追い込むより、「これだけは決してやらない」ことを決める方がいい…って、ほんと小さいことからコツコツと、

だな!

「モテはやっぱり日頃の鍛錬からだよ」と先輩は言うが、結局は先輩がモテるのはそこそこイケメンだからなんだよな。やっぱり何事も「※ただしイケメンに限る」なのか? 果たして自分のモテキはいつになることやら

■BeeTV (http://pre.beetv.jp/