9月5日、最新情報が明かされたWii/WiiU向けゲームソフト「ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン」。2012年中というざっくりとした発売予定日ではあるが、ある程度のコンセプトは決まっているようだ。
「図表入りの記事はこちら」
まず注目なのが、シリーズ初となるオンライン化。Wii/WiiUを通して、すべてプレーヤーがひとつの世界で冒険できる。また、五種類の種族からオリジナルキャラクターを作成でき、肌の色、髪型などの細かな設定も可能。外見は装備次第で更に変化する。キャラクターデザインは鳥山明、音楽はすぎやまこういちと、スタッフがお馴染みのメンバーなのも嬉しい。

累計5000万本以上の出荷台数を誇る人気シリーズだけに、ブロガーたちも、
・発表会で流れたムービーを見る限りでは、かなり面白そうでした
・鳥山明のキャラデザを色々と調節できるとか最高!
・Wiiってことでオープニングの音楽は鳥肌もんなんだろね
と、期待に胸を膨らませたコメントをアップ。

しかし、オンラインという点には、
・月額料金とか必要なんでしょ?今回はパスかな〜
・どんな作品になるか楽しみではあるが、不安要素の方が大きい
・正直、Wiiのユーザー層にMMORPGはウケないと思います
と、否定的な意見が目立った。

それを反映してか、本作の発表後すぐに製作元であるスクウェア・エニックスの株価が急落。元々1800円代で推移していた価格が、翌日の6日には1600円代に、7日には1500円代にまで落ち込んだ。

この騒動はゲームの仕上がりに影響を及ぼすのか?いちドラクエファンとして、今後の展開を見守っていきたい。

ところでスクウェア・エニックスのような古参の大手ゲームメーカーは、ここ数年GREEやモバゲーなどを展開する新手の企業に押され気味。そんな状況をユーザーたちはどう思っているのかが気にかかり、ブログ上のコメントを探ってみると……。
・3DSは不調みたいだけど、しばらく任天堂の天下は続きそう
・カプコンはモンハンが爆発的に売れて、ノリにノッてる感じですね
・手堅い経営手腕はコナミが群を抜いている
・課金制が多くて批判されがちなバンナム。でもゲームはやっぱ面白いんだよな
・好き嫌いが分かれるゲームを思い切って作るセガを尊敬しています
・SONYは個人情報漏洩で大変だったけど、Vita発売で持ち直すだろ
などなど、なんだかんだで期待されている企業ばかり。
やはりこれからも、ゲーム業界を牽引してくれそうである。

(佐藤潮/effect)

■その話題、ネゴトで話さない?「ネゴトーク」
「ドラクエ」について語ろう!

■関連記事
ドラクエがモチーフの脱力ドラマが評判