『WiiU』を成功させるために任天堂がやらなければいけないこと どうせ買うなら完璧な物欲しいし

写真拡大




来年度発売が約束されている任天堂の据え置き次世代ゲーム機『WiiU』。その性能は『プレイステーション3』や『Xbox 360』をはるかに凌ぐものと言われている。そもそもの話が6年も前のゲーム機と比べるのすらお門違いということなのだろうが、任天堂にしてみれば初のHD機となる。

そんな任天堂が来年度にリリースされる『WiiU』の情報はまだまだ出揃っていないが、『Wii』と同じ様に世界シェアトップを取り成功することできるのだろうか? また『Wii』後発は息切れ気味で、国内ではソフト不足も指摘されていた。海外では『JUST DANCE(UBI SOFT)』といったヒット作にも恵まれ国内ほど息切れせずに済んだが、来年はどうなっているのか。

同じ過ちを侵さないために、任天堂がやらなければいけないことをまとめてみた。

●『WiiU』コントローラーにL3、R3ボタンをつける
 今年のカンファレンスで発表された『WiiU』コントローラー。実は思ったほど大きくなく、そんなに重たくないという体験者のレポートが挙がっている。しかしまだまだ不完全な要素も多いようだ。この『WiiU』のコントローラーを完璧にするにはどうしたら良いのだろうか? ゲーマーから指摘が挙がっているスライドパッドをスティックに戻し、またLRボタンのほかにL3R3ボタンも他機種同様に付ける必要がある。これはマルチゲーム前提で開発されるゲームにはコントローラーの共通化は不可欠で、Wiiのような独自コントローラーになると、別ゲーへとなってしまう可能性もある。「L3やR3なんかタッチパネルで代用出来る」という声も聞こえるが、操作性を重視するならやはりスティック押し込みの方が遥かに良いだろう。


●『WiiU』コントローラーの液晶をマルチタッチにする
『WiiU』コントローラーはマルチタッチが不可能となっており、『ニンテンドーDS』や『ニンテンドー3DS』同様にシングルタッチしか認識しない。いわゆる指二つでの操作が不可能となっている。任天堂は1本のペンタッチ操作を推奨しているためこの仕様に固まったのだろうが、コントローラーで操作しながらペンタッチというのは多少無理があるような気がする。それならゲーム中に指先で操作し、さらに液晶に表示されたマップなどを指二つで拡大、縮小(ピンチイン/ピンチアウト操作)できたほうが効率がいいのではないだろうか。


●・性能はこのままで良いのだろうか?
現段階では『プレイステーション3』や『Xbox 360』よりも性能は上だと言われている。しかしそれは旧ハードとの比較であり、今後出てくる『プレイステーション4』や新型Xboxに性能を引き離されることは大いにある。先出しなので当然の報いというか、仕方無いことなのだろうが、もう少しスペックを練り直す必要はあったのではないだろうか。とはいっても既に開発機材が出回り、ゲームの開発が進行してしまっている『WiiU』。こればかりは今からではどうしようもない。


●『WiiU』という名前に疑問 Wiiの拡張周辺機器?
『WiiU』が発表される前は『プロジェクト カフェ』というコードネームで呼ばれていたが、実際発表してみると『WiiU』というWiiの後継機種。このままでは『ニンテンドー3DS』のようにマイナーバージョンアップ、もしくは『WiiU』コントローラーが拡張周辺機器と思われてしまう可能性がある。「凄くなった」「性能がアップした」を前面に押し出す必要があるのではないだろうか。


●ライトユーザー、コアユーザーを取り込む
任天堂はライトユーザーを取り込むのはお得意としているが、ここ最近はコアユーザー離れしている。そんな任天堂も対策をするために多くのゲームスタジオやゲームパブリッシャーと交渉し『WiiU』ロンチへ向けて大作ゲームを開発してもらっているという。例を挙げると『バットマン アーカムシティ』、『バトルフィールド 3』さらに先日発表したばかりの『ドラゴンクエストX』も『WiiU』が発売されるとアナウンスされた。任天堂自身も国内コアゲーマーの心を掴むために自身が抱えているデベロッパーを動かす必要がある。『ゼノブレイド(Wii)』を開発したモノリスは既に動き始めているらしく、多くのファンが期待している。

まだまだ『WiiU』改善点(USB周りとか液晶の解像度など)はあるのだが、『WiiU』の情報そのものがまだ見えていない点があるので、続きは『WiiU』の新たな情報が揃い次第書きたいと思う。みんなもどうせ発売するなら完璧なハードで遊びたいだろう。スーパーファミコンの頃は延期しまくりでどれだけ待たされたか……。あのときはライバルが居なかったから悠長に延期とかできたのだが、今はそんなことしているとシェアを取られ『Wii』が完全に息切れしてしまうだろう。

E3 2011任天堂カンファレンス 待望の据え置きゲーム機『WiiU』発表!

※この記事は、ガジェ通ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。