7日(水・現地時間)にUFC世界ウェルター級王座挑戦権を、記者会見欠席という理由で剥奪されたニック・ディアズが、その世界戦に挑むはずであった10月29日(土・同)のUFC137で、BJ・ペンと対戦することが、8日(木・同)に決まった。

BJは、もともと同大会で繰り上げ世界挑戦が決まったカーロス・コンディットと対戦予定だったが、今回のゴタゴタにより対戦相手を失い、ダナも7日に行われた会見に「切れるだろう」と語っていたが、僅か1日で、しかもニックと対戦することで落ち着いた。

「まったくどうかしてしまっている。ただし、彼らは戦うよ。みんなが見たいと思った試合が実現するんだ。ペンとディアズは、10月29日にベガスで戦う」とダナ・ホワイトは語っている。公式行事不参加でタイトル挑戦はなくなったが、ニックはBJというレジェンドと戦うことが決まった。

この3日間の狂想劇はUFC世界ウェルター級選手権試合GSP×ニック・ディアズ+ウェルター級3回戦BJ・ペン×カーロス・コンディットが、UFC世界ウェルター級選手権試合GSP×カーロス・コンディット+ウェルター級3回戦BJ・ペン×ニック・ディアズにスワップした形で落ち着いた。

ルール無視のディアズだが、ファンの支持も高い。ラスベガスの観客も、彼ら4人のファイトが見られることになったが、なんだか釈然としない収まり方ではある。
[全対戦カード&詳細はコチラ]