『ドラゴンクエストX オンライン』のまとめ / 現時点までわかっていること

写真拡大

突然の『ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン』の発表に驚いた人も多いはず。新たな『ドラゴンクエスト』が発表されたことよりも、オンラインゲームとして発表されたことに驚いた人が多いはずだ。

すでにゲームの動画も発表されており、とてもおもしろそうな雰囲気がゲーム画面から伝わってくる。しかしオンラインゲームということで敷居が高くなり、新作とはいえ大歓迎できる状態じゃないのも確かだ。

いろいろと情報が錯綜しているが、発売元のスクウェア・エニックスが公式に発表している情報をふまえ、現時点でわかっていることをシンプルにまとめてみた。もしかすると仕様変更があるかもしれないが、以下が現時点で判明している事実である。
 
●2011年9月8日現在までに判明している事実
・2012年内に発売される
・ゲーム機は Wii と WiiU である
・オンラインゲームである
・オンラインプレイは利用料金の支払いが必要
・しかしゲームを開始して最初の数時間はオフラインでプレイ可能
・ゲームの要素をすべてプレイするためにはインターネット接続が必要
・ということはやっぱりオンラインゲームである
・ソフト価格とオンライン利用料金は未定
・キャラクターは3つまで作成することができる
・Wii と WiiU 以外のゲーム機での発売予定はない
・正式名称は『ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン』
・やっぱりオンラインゲームである
・ニンテンドー3DSでも遊べる要素が組み込まれる予定
・あくまで堀井雄二さんはゼネラルディレクターであり、ディレクターは藤澤仁さん
・ベータテストを行う予定がある
・USBメモリが必須である
 
また、スクウェア・エニックスはプレイに必要なものとして「インターネット接続環境」と公式に発表していることから、オフラインでも数時間だけは遊べるものの、オンラインがメインのゲームとして発売されるのは確実のようだ。

スクウェア・エニックスが出すゲームなのだから、一定の水準以上のおもしろさがあるゲームになると思われる。しかし、おもしろいからと言って『ドラゴンクエスト』を敷居の高いオンラインゲームにしてしまうのはどうなのだろうか? オフラインで遊びたい人が楽しめる『ドラゴンクエスト』も、できるだけ早く発表・発売してほしいものである。

写真: RocketNews24.