災害発生時の従業員の安否確認体制の見直しが必要――こんな結果が産労総合研究所が実施した地震・防災対策に関する調査でわかった。

 調査によると、東日本大震災以前に防災マニュアル・計画等を策定していた企業は63.3%だった。今後の見直しが必要だと考えられる項目では、「従業員の安否確認体制」(31.1%)で最多。「防災教育と防災訓練」(25.2%)、「社内連絡・広報体制」(22.7%)、「従業員の帰宅・避難対策」(22.7%)と続いている。

 回答企業の東日本大震災の被災状況(複数回答)をみると、「事業所等への直接的な被害」(43.1%)、「取引先等の被災による影響」(39.9%)、「計画停電等による間接的な被害」(27.1%)で、約8割の企業が被害を受けている。

 震災後に被災事業所・従業員に対して実施した支援策(複数回答)では、「救援物資を供給した」(57.4%)、「社内有志による支援金を募った」(46.3%)、「災害見舞金を支給した」(42.6%)が多かった。

 同調査は、上場企業等3000社を対象に実施し、188社から回答を得た。

震災後の従業員のメンタル不調、4社に1社が「わからない」と回答
BCPへの取り組み方に格差、「自社には不要」との回答も
企業活動は維持されたか 明らかになったBCPの課題

日本人材ニュースHRN」は人材採用・人材育成の人事専門誌です。