3カ月以上前に決まっていたスーパーファイト、UFC世界ウェルター級選手権試合GSP×ニック・ディアズ戦の消滅が、7日(水・現地時間)に行なわれた記者会見で発表された。

6日(火・同)にトロントで、同マッチの記者会見が行われる予定だったが、直前になってニック・ディアズがドタキャン、ダナ・ホワイトに「行かない」という連絡があったという。7日にラスベガスで行われた会見では、ダナが「PRはとても大切な仕事。1600試合、プロモートしてきて、こんなことは始めてだ」と、会見のドタキャンがタイトル挑戦権を剥奪された理由であると説明され、新しい挑戦者がカーロス・コンディットであることが発表された。

モントリオール〜トロント〜ラスベガスと移動し、会見に臨んだGSP自身は「会見はこのビジネスに必要な仕事。例えば家族が亡くなるとか、そういうことがない限り欠席は考えられない。僕は彼が欠席したことに怒っていない。なぜ、欠席するか分からないだけで」と語った。

そして、新しい挑戦者コンディットについて語り始めた時、会見がスタートしてから15分を過ぎたところで、ダナの携帯にニック・ディアズのマネージャー、シーザー・グレイシーから連絡が入った。

「今回の判断に100パーセント同意する」とダナに伝えたシーザーは、手を尽くしてニックとの連絡を試みているものの、誰も見つけることができないと話したことが、ダナにより記者陣に明らかにされた。

また、GSPは同じジャクソンズMMA所属のコンディットに対し、「一緒に練習したことはない。自分のトレーニング・パートナーのローリー・マクドナルドに勝っているコンディットは、ニック・ディアズよりも手強い相手だ」と印象を話すと、調整期間が少ないこと、試合をフィニッシュすることに関し記者の質疑に応え続けた。

いずれにせよ、前代未聞のタイトル戦の消滅。思えば8月にアンデウソン・シウバに挑戦した岡見勇信は、記者会見のために日本から35時間以上かけて、リオデジャネイロに出向いている。MMAビッグマッチに挑むファイターは、ケージのなか以外もビジネスの一部であることを、ズッファは頑強な意思で示したことになる。

そして、ダナはニック・ディアズに二度と世界挑戦の機会が与えられないと明言した。

10/29 GSP×ニック・ディアズ=MMAメガファイト実現!!!!
日沖発、ジョージ・ループ戦でUFCデビュー=UFC137
GSP楽勝のような苦戦、苦戦のような楽勝劇!?