岡田将生と榮倉奈々共演『アントキノイノチ』試写会に20組40名様をご招待
2009年に小説が発売されて反響を呼んだ『アントキノイノチ』は、生きることに絶望した男女が遺品整理業を通して未来に踏み出していく姿を描いた感動作です。今最も注目を集めている俳優陣と第61回ベルリン国際映画祭で2冠を遂げた瀬々敬久監督により、ついに映画化されることになりました。

主演は、若手実力派俳優として名高い岡田将生と『余命1ヶ月の花嫁』での演技が高く評価された榮倉奈々です。

岡田将生演じる永島杏平は、親友の死をきっかけに心を閉ざしてしまった青年。父親に紹介されて、遺品整理会社に勤め始めました。そこで働いていたのが、榮倉奈々演じる久保田ゆきです。ゆきは過去の暴行事件を境に自傷行為を繰り返すようになっていました。「自分の生きる意味がわからない」と杏平に訴えるゆき。杏平は仕事で出会った遺族とのふれ合いによってその答えを見つけていきます。

過去に傷を持つ二人を見守るのはネプチューンの原田泰造。また、松坂桃李や染谷将太などの注目の若手から、柄本明、檀れいなどの実力派俳優が顔を揃え、スクリーンを彩ります。

制作には『余命1ヶ月の花嫁』や『Life天国で君に逢えたら』といった同じ”命”をテーマに扱ってきたスタッフが携わり、苦しみながらも成長する男女の姿と”生と死”というテーマを真摯に描きだしました。

今回、この映画『アントキノイノチ』の一般試写会に20組40名様をご招待いたします。この機会に今秋一番の感動作をぜひご鑑賞ください。

岡田将生と榮倉奈々共演『アントキノイノチ』試写会チケットを20組40名様にプレゼント

【賞品・応募数】
映画『アントキノイノチ』一般試写会チケット / 20組40名様
◆試写会日時:2011年10月5日(水) 開場/18:00 開映/18:30
◆試写会会場:有楽町朝日ホール (最寄り駅:JR・東京メトロ有楽町線有楽町駅、東京メトロ丸ノ内線・銀座線・日比谷線銀座駅)

【プレゼント応募期間】
2011年9月8日(木)〜2011年9月25日(日)

【応募方法】
『応募する』ボタンの応募フォームから、必要事項をご記入の上、ご応募ください。
※当日、ご来場いただける方のみご応募ください。

【当選発表】
・当選については、厳正なる抽選の上、決定させていただきます。
・当選は発送をもって発表とかえさせていただきます。
・なお、当選者への試写状の発送は9月下旬を予定しております。
・都合により、発送が多少遅れる場合もございます。あらかじめご了承ください。

※本プレゼントは、終了しました。※


■映画情報 『アントキノイノチ』
監督:瀬々敬久『MOON CHILD』『感染列島』『ヘヴンズ ストーリー』/出演:岡田将生『告白』『悪人』、榮倉奈々『余命一ヶ月の花嫁』、原田泰造『未来予想図 〜ア・イ・シ・テ・ルのサイン〜』『シャカリキ!』/原作:さだまさし「アントキノイノチ」(幻冬舎刊)
(C)2011映画「アントキノイノチ」製作委員会

2011年11月19日(土)より全国ロードショー
『アントキノイノチ』オフィシャルサイトはこちら