大日本印刷グループとNTTドコモの共同事業会社「トゥ・ディファクト」が運営する電子書籍ストア「honto」。コミックから文芸・ノンフィクション、ビジネス書など、数多くのジャンルの本を取り揃えており、PC・iPhone(iPod touch含む)・iPad・ドコモスマートフォン・ドコモのブックリーダーにも対応。取り扱っている本の多くは無料で立ち読みができることもあり、電子書籍ストアのなかでは頭ひとつ飛び抜けている存在です。

 そんな電子書籍ストア「honto」で、上半期で最も読まれた書籍(2011年1月〜7月までの売り行きに評判[評価]を加味したもの)は、万城目学氏の『プリンセス・トヨトミ』でした。現在も総合ランキング5位に入っており(8月29日〜9月4日)、同サイトで高い人気を誇っています。


 大阪を舞台に奇想天外なストーリーが展開される『プリンセス・トヨトミ』。

 ──400年の長きにわたる歴史の封印を解いた、東京の会計検査院の調査官3人と、大阪下町の空堀商店街で生まれ育った少年少女。秘密の扉が開くと、大阪が全停止する? 大阪に隠された壮大な秘密が明かされる......。

 『プリンセス・トヨトミ』は、万城目ワールドの真骨頂といえる驚天動地のエンターテインメント。堤真一や綾瀬はるか、岡田将生、中井貴一らが出演した映画の原作でもあり、書籍・映画ともに人気を集めている作品です。




『電子書籍ストア「honto」で上半期1位など高い人気『プリンセス・トヨトミ』』
 著者:
 出版社:文藝春秋
 >>元の記事を見る





■ 関連記事
『アップルの元CEO、S・ジョブズ氏が指針としている7つの法則』(2011年8月30日09:00)
『第2回「雑誌大賞」に『週プレ』『AERA』 など10誌がノミネート』(2011年8月29日09:00)
『進む高齢化社会「みっともない老い方」に注意』(2011年8月28日15:00)


■配信元
WEB本の雑誌