「この会社には入りません」!? 内定式で起きた仰天エピソード

写真拡大

入社前に内定者を集めて開かれる「内定式」。そこで、実際にあったびっくりエピソードを、内定式に参加した社会人の先輩300人に教えてもらいました。

【断れないムチャぶり】
・「内定式で来年の採用に使うプロモーションビデオを作らされた。最終的に、かなりハジけて撮影をした」(男性/社会人2年目/運輸)

いきなりプロモーションの撮影とは驚きですが、当日に自己紹介をさせられるケースは多いようです。中には「一発芸をやらされた」、「英語でスピーチさせられた」、「特技を披露させられた」など、予想外の要求に戸惑ったという人もいました。

【貫禄のある同期】
・「初対面の同期があまりにも老けていて、偉い人かと思ってみんなが挨拶していた」(男性/社会人4年目/小売)

「会社の役員の人かと思ったら、中途入社の同期の人だった」というエピソードも。初対面の人に話しかけるときは、見かけだけで早とちりしないよう、くれぐれも慎重に。

【会社のイメージが違いすぎる】
・「合宿へ強制連行。人事部の人たちはゆるい感じだったのに、合宿の上司が鬼軍曹で、飲食禁止、私語禁止、居眠り禁止。入る会社を間違えたと本気で思った」(女性/社会人1年目/商社)

急に合宿に連れて行かれたうえに、今までの企業の印象とのギャップについていけない……。こういうことはそうそうなさそうですが、まさかの展開にショックも大きかったのでは?

【なんで内定式に来た!?】
・「途中で、『この会社には入りません』と言って退席した人がいた」(女性/社会人5年目/IT)
内定式当日にありえないシーン。会社側も周り内定者も、さぞ驚いたことでしょう。こんなエピソードは、入社後も同期の間で語りぐさになること間違いなしですね。
普通は和やかに催される会社の内定式。多くの人は、おかしなエピソードは「何もなかった」と答えていますが、こんな信じられないハプニングもあるのですね。さて、あなたの会社の内定式では、どんな出来事が待っているでしょうか?

文●永井祐子(エフスタイル)

調査期間:2011/07/26〜2011/08/18
アンケート対象:マイコミフレッシャーズ会員
有効回答数224件(ウェブログイン式)

☆も合わせてどうぞ



■関連記事
学生脳を社会人脳にチェンジする方法
これはNG! 内定先での自己紹介
モデルに聞く、ちょっと差が付く集合写真の写り方