『ドラゴンクエストX』発表『Wii』と『WiiU』オンラインゲームとして発売 3DSとの連動も

写真拡大




本日14時より日本を代表するロールプレイングゲーム『ドラゴンクエスト』シリーズの最新作が都内で発表された。その模様は『Ustream』や『ニコニコ動画』でも公開されネットでもリアルタイムで盛り上がりを見せていたようだ。正式タイトルは『ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン』で発売機種は『Wii』と『WiiU』。『Wii』版を2012年に予定しており、その後に『WiiU』版を発売するとしているが現時点では発売日未定。

5つの大陸からなる「アストルティア」が舞台でシリーズ初の「季節」の概念を取り入れた作品。またオンラインと聞いてオンラインゲームに慣れていない人もご安心を。一人でも遊べる様に作られているため、既存のシリーズの様に楽しめる。またインタフェースも『ドラクエ』インタフェースを継続しておりコマンドウィンドウなので古くからの『ドラクエ』ユーザーに親しみやすい作りになっている。

気になるのがオンラインゲームということで『Wii』でどのようにアップデートや追加データを配布するのかという疑問。『Wii』にはSDカード以外の記憶媒体(ハードディスクのようなもの)がないためオンラインゲームに適していないとされているが、その辺はどのように解決したのだろうか。

実はWii用12インチメディアとUSBメモリーでの配布となる。USBメモリーの中にアイテムや差分データを記憶する形となるのだ。WiiU版はHDDの接続が可能なのでその辺は解決されているだろう。

『Wii』版と『WiiU』版は同じサーバーで遊ぶことができ、また『Wii』から『WiiU』へのデータ移行も可能となっている。また両機種で遊んだキャラクターデータを『ニンテンドー3DS』移し、すれ違い通信に使うことも可能。

戦闘システムは『ドラゴンクエスト9』の様なシンボルエンカウントによるターン制となる。「助けをまつ」というコマンドでほかのユーザーからの助けを待つことも可能で、またほかのプレイヤーの戦闘を観戦することもできる。

公式サイトには「ベータテスト近日募集開始」と書かれており開発も進んでいるようだ。下記の公式サイトにてある程度の情報が掲載されているのでご覧になってほしい。今までチュンソフトやレベルファイブといった外注が手がけてきた『ドラゴンクエスト』シリーズだが、今作品はスクウェア・エニックス内製となる。

『ドラゴンクエストX』のロゴのシルエットがファイナルファンタジーっぽいのは気のせい?

ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン

※画像は『『ドラゴンクエストX』の公式サイトより引用。

※この記事は、ガジェ通ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。