彼氏追跡アプリ『カレログ』がまさかのウィルス認定?

写真拡大




彼氏の行方や着信履歴などが把握できるとしてリリースした追跡アプリ『カレログ』がマカフィーのウィルスデータベースに登録された。

データ名は「Android/Logkare.A」となっており通話履歴をのぞくスパイウェアと書かれている。

ウィルス作成は罪になるのか? 実は6月17日に「ウイルス作成罪」が可決し7月より施行されているのだ。では今回のようにように通常アプリとしてリリースしたが、それがウィルス認定されてしまったケースも「ウイルス作成罪」になるのか? 実はケースバイケースで、悪意ある場合は罪とされるが、悪意が無い場合は罪にならない。9月5日現時点では『カレログ』はまだ配布されており、また最新版(1.0.2)へのアップデートも行われている。

スパイウェアと認定されてしまった『カレログ』はネットでも批判を受け公式サイトにて謝罪文を公開し「一部からは『男性差別を助長する』『男には何をしても良いのか』というご意見も賜りました。アプリ名『カレログ』からのイメージもあると思いますが、私どもにはそのような偏った思想はございません」とコメントしている。今回のスパイウェア認定についてはどのようなコメントを見せるのだろうか。

ガジェット通信記事「恋人監視アプリは韓流だった! 海外では逮捕の前例あり」(http://getnews.jp/archives/139066)にもあるとおり、海外では実際に似たようなアプリで逮捕された前例がある。

Virus Profile: Android/Logkare.A

※この記事は、ガジェ通ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。