らき☆すた神輿は150人のファンが担いだ

写真拡大

9月4日(日)、埼玉県久喜市の鷲宮地区・鷲宮神社通りで「第29回土師祭」が開催され、アニメ「らき☆すた」の舞台となった同所には全国からアニメファンら約7万2千人が集結。神社周辺での開催ということで、浴衣コスプレの女性も多く、皆お祭り気分を満喫していた。

【画像】グループで参加したレイヤーも多かった。神社でのコスプレということで、今回の会場では浴衣を着る人が目立った

鷲宮神社通りで実施される「らき☆すた」神輿は、今年で4回目。毎年、アニメキャラクターになりきった600人を超えるコスプレイヤーたちが詰め寄せるが、今回も祭りを存分に楽しもうと浴衣コスプレの女性が目立った。

なかでも、多数いたのが5人前後で来場し、同じアニメやゲームのキャラクターに統一してコスプレするグループ。「Starry☆Sky」「薄桜鬼 新選組奇譚」のコスなど、恋愛ゲーム系も多く、“男性キャラの中に女性キャラが1人いる”という構図が定番となっていた。

ちなみに同祭では、神社周辺でのコスプレ撮影会の他に、ヲタ芸のショー「WOTAKOIソーラン」や「女装MISSコン」などユニークなイベントを開催。特に、今や日本を代表する名物神輿と言っても過言ではない「らき☆すた神輿」は大いに盛り上がり、約150人のファンが神輿を担いで「萌ーえ! 萌ーえ!」と雄叫びを轟かせていた。【東京ウォーカー】

【関連記事】
埼玉県鷲宮神社に「らき☆すた」ファンが大挙! 今年は女装コスプレコンテストも開催 (東京ウォーカー(全国版))
「涼宮ハルヒの憂鬱」&「らき☆すた」スタンプリー、スマートフォン対応でさらに遊びやすく! (MovieWalker)
「涼宮ハルヒ」「けいおん!」を手がけた京アニの次なる新作とは!? (MovieWalker)
レアスタンプの入手確率アップ!スタンプリーにDXプリーヤーが登場 (MovieWalker)
電子版宝探しゲームで「ハルヒ」や「らき☆すた」のレアスタンプを手に入れよう! (MovieWalker)