リクルートが同社の求人メディアに掲載された求人情報からまとめた、7月の派遣スタッフ募集時平均時給調査によると、三大都市圏(関東・関西・東海)の平均時給は前年同月比1.7%増の1483円で、9カ月連続で前年同月を上回ったことがわかった。1480円を上回ったのは2009年2月以来。

 職種別にみると、クリエイティブ系1590円(同1.2%増)、オフィスワーク系1432円(前年同月比0.6%増)、IT・技術系1823円(同0.3%増)は前年同月比で増加した。

 一方、医療介護・教育系1467円(同0.9%減)、営業・販売・サービス系1334円(同0.2%減)は前年同月比で減少した。

 地域別にみると、関東は1564円(前年同月比2.3%増)で9カ月連続の増加。東海は1310円(同0.5%増)で7カ月連続の増加。関西は1329円(同0.8%増)で2カ月連続の増加。

人材派遣スタッフの稼動低迷続く、5月は過去最低
請負・業務委託の個人事業主 最高裁“労働者性”認める
人材派遣の適正化で専門業務から自由化業務に変更されてしまったら〜直接雇用、業務委託への移行

日本人材ニュースHRN」は人材採用・人材育成の人事専門誌です。