BEAMS Tが映画「モテキ」とコラボ 原宿店では著名人の″モテグッズ″を展示

写真拡大

 「BEAMS T(ビームス T)」が、9月23日公開予定の映画「モテキ」とコラボレーションしたTシャツを発売する。スタイリストの伊賀大介ディレクションのもと制作された2型が9日、全国の「BEAMS T」 展開店舗で発売。同時に9日から25日の期間、「BEAMS T 原宿」で「誰かのモテキにつづけ!!」と称し、「モテキ」監督大根仁(おおね ひとし)や伊賀大介ら著名人による「モテグッズ」を展示する。

ビームスTが映画モテキとコラボの画像をもっと見る

 「BEAMS T」×「モテキ」Tシャツでは、原作者の久保ミツロウによるコミックス「モテキ」の1コマをモチーフとしたTシャツと2色展開の「m-girl」Tシャツがランナップ。ともにXS〜Lのサイズで発売され、価格は各4,410(税込)。発売に合わせて、映画「モテキ」の公式HP内で公開されている「モテPHOTO」に「BEAMS T」バージョンが近日中に掲載される予定で、全国のビームス女性スタッフがとっておきのモテグッズを紹介していく。「モテキ」原作者の久保ミツロウは、今夏発売された「BEAMS」によるオリジナルフジロックTシャツのデザインも手掛けている。

 映画「モテキ」は、180万部を超える大人気コミックス「モテキ」が2010年のドラマ化を経て、久保ミツロウ書き下ろしによる完全オリジナルストーリーで映画化されたもの。監督・脚本は「モテキ」ドラマ版も担当した大根仁が務め、ドラマ版の1年後を舞台に恋愛偏差値の低いさえない草食系男子がある日突然訪れた「モテキ」に翻弄されながら、女性たちとの恋愛を通して成長していく様子をコメディタッチで描く。ドラマに引き続き主人公の悩める草食系男子・藤本幸世を演じるのは演技派俳優の森山未來、幸世を翻弄する4人の女性には長澤まさみ、麻生久美子、仲里依紗、真木よう子の豪華女優陣を迎えている。


■映画「モテキ」公式HP
http://www.moteki-movie.jp/index.html