たいふうがきた!(画像:amazon.co.jpより)
(C)2011宇仁田ゆみ/祥伝社/アニメ「うさぎドロップ」制作委員会


平成23年7月期「うさぎドロップ」がフジテレビその他で放映されています。

※本作品は、宇仁田ゆみさんの祥伝社「FEEL YOUNG」に連載された同名漫画作品が原作で、2011年8月には映画化も予定されています。河地大吉(CV:土田大さん)と鹿賀りん(CV:松浦愛弓さん)との日々の生活を綴った物語です。
台風の日第9話、台風がやってくる日。二谷さん家のコウキ君も早朝から大吉の家にやってきて騒いでいます。

※コウキ君、品が無さげ。大吉、りんもげんなり。

大吉の職場(倉庫・物流部署へ転属になっています)では、バイトの従業員達と出荷作業。

何とか一段落しての休憩中、大吉は彼らと学資保険等での話をしています(結婚してお子様もいるみたいです)。そこで大吉は「彼らには(家庭という)安心感がある」と思い、正直羨ましいと思います。

台風の最中、大吉は保育所にりんを迎えに来ますが二谷コウキ君のお母さん(二谷ゆかり)は迎えに来れません。そこで大吉はコウキ君も連れて帰る事になります。

※今回、保育所の係役の声優として歌手の「PUFFY」が出演しています。なお「PUFFY」は本作「うさぎドロップ」の主題歌「SWEET DROPS」も歌われています。
今夜の夕食は…大吉とりん、コウキ君は家に帰りますが、そのときに二谷ゆかりもやってきて夕食を作ることになります。

※りんが料理を作るのを真似をしてコウキ君も料理を作ろうとしますが、タマネギに大苦戦。

「皆で食べる夕食はおいしい」、二谷ゆかりの言葉ですが実際そうなのだと思います。そんなごく一般的な家庭の風景、それが安心感というものなのでしょうか。

シングルマザーならではの大変さもあるのですが、そんな中でのささやかな安らぎ、今回のお話はそんな思いを伝えてくれたのだと思います。

「うさぎドロップ」、次回も楽しみですね!


【ライター:清水サーシャ】


▼外部リンク
「うさぎドロップ」TVアニメ版公式Webサイト
うさぎドロップ (1) (FC (380)) [コミック]

■関連記事
TVアニメ「侵略!イカ娘」第2期プロモーションムービー公開!
【とある企業の面接録】特別編「資格試験の勉強の方法その30」(宅地建物取引主任者試験編)
【アニメ】「チャージマン研!」第18話は島流しな展開!
【アニメ】「SDガンダム三国伝 Brave Battle Warriors」AT‐Xで放映!
【アニメ】「スーパージェッター」CS放映決定!