「MOTTAINAIの森 カッティングボード」“木の日”に発売

写真拡大

オークヴィレッジ(株)(稲本正代表)とMOTTAINAIキャンペーン事務局(真田和義代表)は、10月8日(土)「木の日」より、共同開発した「MOTTAINAIの森 カッティングボード」4種を発売する。
これは、国産木材製品を日常生活の中で使い、日本の森 を元気にすることをコンセプトにした「MOTTAINAIの森」シリーズの第一弾。デザイナーには、テキスタイルデザイナーとして著名なセキユリヲ氏を起用。形はMOTTAINAIキャンペーンのロゴである「しずく型」を採用し、通常は布に施す「パターングラフィック」を、オークヴィレッジの先端技術と職人の手仕事による焼印を組み合わせて木に表現するという、木工業界では初めての試みに成功。フリーハンドで描いた自然なラインで温かみのある仕上がりを再現している。 四季をテーマに、春は桜、夏は朴(ホオ)、秋は胡桃(クルミ)、冬は白樺と、それぞれの季節のイメージに合った木材を使用し、色合いや質感の違いを楽しめる4種類が完成した。

ちなみに、「MOTTAINAIキャンペーン」では、2005年から、オリジナル商品の販売などを通してケニアの植林活動を支援して来たが、国連の定める「国際森林年」の2011年、日本国内の森林環境に目を向けたところ、木材資源の豊かな日本では手入れの行き届かない森林が増えていること、また、急峻な地形で曲がって育った木や繁殖力旺盛ながら樹齢が短く直径が25?以下の小丸太が、チップ材として粉々に砕かれてパルプとして使われるという、「もったいない」現状があることが分かり、そうした「もったいない」木材を活用することで、日本の森を元気にする商品を造ることが出来ないかと、飛騨高山の木工房オークヴィレッジに共同開発を依頼、今回の「MOTTAINAIの森 カッティングボード」の商品化に至ったという。
なお、同商品の売上の一部は、ケニアの植林活動に寄付するとともに、オークヴィレッジとMOTTAINAIキャンペーンでは今後も、商品開発を通して日本の森づくりとケニアの植林活動を支援していくとしている。