芸術の秋「東京ミッドタウン」にデザインイベントが集結

写真拡大

 東京・六本木の「東京ミッドタウン」にて10月28日〜11月6日、様々なデザインイベントが集結する「Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2011(東京ミッドタウン デザインタッチ 2011)」が開催する。5回目となる2011年は "素敵なデザインに出会うことで日本の未来への力を創造するイベント" をスローガンに、三宅一生氏の展示会や佐藤可士和氏が出席するカンファレンスなど、子供から大人まで楽しめる多彩な企画が予定されている。

ミッドタウンでデザインイベント開催の画像をもっと見る

 2007年にスタートした「Tokyo Midtown DESIGN TOUCH」は、「デザインを五感で楽しむ」をコンセプトに、国内外の優れたデザインを紹介する「未知なるデザインと出会う場」として、様々なイベントを開催してきた。2011年は、東日本大震災の爪痕が残る北関東・東北地方を拠点とする企業やクリエイターも参加を予定し、"日本の未来への力"を主催者と参加者が共に創りだしていくことを目的に開催される。

 「Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2011」は、世代を超えて全ての人がデザインを楽しめるようなデザインイベントが充実。芝生広場で開催される「DESIGN TOUCH Park(デザインタッチ パーク)」では、NPO法人CANVASと慶応義塾大学大学院メディアデザイン研究科の学生らが合同で企画する様々なクリエイティブワークショップが行われる。ガレリア地下一階の特設会場では、「ISSEY MIYAKE」によるインスタレーションが展開され、2011年で10周年を迎えるウォッチ・シリーズ「ISSEY MIYAKE ウオッチ・プロジェクト」の歩みを紹介。アート・デザインのコンペティション「Tokyo Midtown Award 2011」の受賞作品発表や、グッドデザイン賞受賞デザインを紹介する「GOOD DESIGN EXHIBITION 2011」など、「東京ミッドタウン」内の各所で行われる多彩なイベントが芸術の秋を彩る。

 10月29日と30日には「DESIGN TOUCH Conference」を開催。佐藤可士和氏、永井一史氏、福島治氏らが参加し、「デザインで日本を笑顔に、元気に」をコンセプトに、講演やワークショップが予定されている。

■Tokyo Midtown DESIGN TOUCH
 期間:2011年10月28日(金)〜11月6日(日)
 場所:東京ミッドタウン内各所