9月2日(金)〜4日(日)にライブを行うPianoman LEN。2日(金)はオリジナル曲、3日(土)はカバー曲、4日(日)は観客のリクエスト曲と、3日間異なるコンセプトで行う予定

写真拡大

韓流ブームが続く中、9月2日(金)、銀座に「GINZA K-PLACE」がオープン! 今年5月、恵比寿にできた「K THEATER TOKYO」など、都内に数多くあるK-POPの拠点が、ついに銀座にも誕生した形だ。銀座という土地柄に似合う、大人が楽しめる“韓流ライブレストラン”に潜入してみた。

【画像】SUPER JUNIOR、少女時代のサイン入りポスターも! 店内の様子はコチラ

「GINZA K-PLACE」は、ダーツやゴルフゲームなどを楽しめるダイニング「THE BAGUS PLACE」内にオープン。ライブ会場としての使用以外に、レストラン・ビュッフェ形式で楽しめるのが特徴だ。約150席のコンパクトな会場で、韓国料理がメインのブッフェを味わいながら、韓国アーティストのライブがゆったり楽しめる。

9月1日のオープニングレセプションでは、2組のアーティストが登場。Pianoman LEN(ピアノマン レン)は、昨年韓国でヒットしたドラマ「シークレット・ガーデン」で、天才ミュージシャン“SUN”のピアノ&歌の吹き替えをして話題となったシンガーソングライター。関西で活躍するデュオ、V.ELIEVE(ビリーブ)と共に、バラードを中心にオリジナル曲やカバー曲をしっとりと歌い上げ、その美声に観客はうっとりとしていた。

ライブは9月2日(金)を皮切りに、週末を中心に定期的に開催予定。価格はアーティストにより異なるが、およそライブ形式で4000円前後、レストラン・ビュッフェ形式で8000〜1万円前後。ライブ後に写真撮影会や握手会が行われることもあるそうで、ファンにはうれしい限り。また、ライブイベント以外の日は韓流テレビが流れるダイニングレストランとして営業する。ライブがない日でも、入口や壁にはSUPER JUNIORや少女時代など韓流スターの直筆サイン入りポスターが飾られているため、韓流好きにはたまらないスポットだろう。

とどまることを知らない韓流ブーム。同店では今後、韓国料理研究家を迎えたパフォーマンスや試食会、韓国メーカーの新商品発表会なども検討中とのことで、銀座における“韓流カルチャーの発信地”として注目を集めそうだ。【東京ウォーカー】

【関連記事】
気さくなチャン・グンソクに、あっちゃん、優子も思わず笑顔 (ザテレビジョン)
KARAが今までにないセクシーな表情を見せる新CM! (ザテレビジョン)
KARAのような美BODYになれる! ダイエットに効果ありの果実酢新CMに出演 (東京ウォーカー(全国版))
日本発の韓流スイーツ!? “キムチシェーキ”を飲んでみた (東京ウォーカー(全国版))
国内初のK-POP専用劇場がオープン!“平均身長185cm”の長身アイドルグループも誕生 (東京ウォーカー(全国版))