思い浮かぶ高校生のバイトは、1位「コンビニエンスストア」、2位「ファーストフード」 (27.6%)、3位「ファミリーレストラン」――インテリジェンスが運営する求人情報サービス「an」が、10代〜40代の男女を対象に高校生のバイトについて調査した。

 「高校生のバイト」と聞いて思い浮かぶものを聞いたところ、1位は「コンビニエンスストア」で40.5%、2位は「ファーストフード」 (27.6%)、3位「ファミリーレストラン」(10.2%)と続き、上位3位は接客業が占める結果となった。

 同社で行った別の調査で仕事を探す際に重視する点を高校生に聞いたところ、「未経験でもできる」(93%、複数回答)が、大学生やフリーター、主婦と比べて10%以上開いて最多となっており、未経験者もトライしやすく、マニュアルや研修方法が確立された接客業が"高校生バイト"のイメージが広く定着しているようだ。

 アンケート は「モバゲーリサーチ」で実施され、サイトユーザー26,486人から回答を得ている。

アルバイトが辞める理由「雰囲気悪い」
大学生のアルバイト いろんな仕事経験したい
新人アルバイト 1カ月で4割が「辞めたい」

日本人材ニュースCarrera」は働く人のためのキャリアニュースサイトです。