ドスパラが「クレジットカード売上票」「お買上明細書(店控)」を誤廃棄! 被害件数11136件

写真拡大




サードウェーブが運営するパソコン専門店『ドスパラ』が「クレジットカード売上票」及び、「お買い上げ明細書」を紛失したとしている。社内の調査の結果誤って廃棄したものと見られており、該当件数は1万1136件の顧客にのぼる。

「クレジットカード売上票」と「お買い上げ明細書」には次の項目の情報が記載されているという。

<クレジットカード売上票>
・お客様のご署名(ご購入の際ご署名をいただいた場合:一部のみが該当)
・お客様のお名前(アルファベット)
・クレジットカード会社名(略称)
・クレジットカード番号(下3桁部分は表示されておりません)
・支払区分(「一括」「ボーナス払い」「リボ」など)
・承認番号
・お買い上げ日、時間
・金額

<お買上明細書(店控)>
・DJ会員番号
(お買い上げの際にポイント付与・使用を行った場合:一部のみが該当)
・お買い上げ商品内容
・金額
・クレジットカード会社名(略称)
・支払区分(「一括」「ボーナス払い」「リボ」等)
・ご住所・お名前
 (メモ欄に記載されているもの:全明細書中、7件が該当。
  当該7件のお客様につきましては、当メールより先に個別に連絡をし
  ております。)

今回の誤廃棄は通常と文書として溶解処理をした可能性が8月25日に判明。溶解処理をしているため当該書類が外部へ流出する可能性は低いと考えられている。万が一、心当たりのない請求が来た場合はクレジットカード会社まで連絡するようにとしている。

このお詫びの文章は『DJ CLUB MEMBERS』にてメールマガジン配信を登録している客に向けて送信されている。

※画像は『ドスパラ』ウェブサイトより引用。

※この記事は、ガジェ通ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。