ドイツ・ハノーバー見本市会場を本拠地とするドイツメッセ(株)は、このほど日本やインドネシアを中心とするアジア・太平洋地区での活動を強化すると発表した。
日本については、日本法人であるドイツメッセジャパン(株)のオフィスを、より大規模な場所へ8月に移転、同時に社名も日本で知名度の高い「ハノーバーメッセ」のブランド力を活用すべく9月1日付でハノーバーフェアーズジャパン(株)に変更する。また広報活動も外部の協力を得て刷新し、積極的にPRしていく。
インドネシアについては、新たに代表部(総代理店)をPT pro Fair Indonesia社(ジャカルタ)に委託、拠点を設けることで、急激な成長を続ける同国の市場開拓を目指す。
本社サイドの体制も強化、アジア・太平洋地区の担当者として、日本語の堪能な28歳のユリア・ツィンペル氏を抜擢し、同地域をサポートする。

■新社名、新住所
社名:ハノーバーフェアーズジャパン株式会社
代表取締役:盛健一氏
住所:〒102-0074 東京都千代田区九段南二丁目5番1 号 Tobunsha BLDG. 1階
TEL:03-5215-7121
FAX:03-5215-7122