精巧かつ巨大 バンダイがプラモデル『1/700 東京スカイツリー』を発売へ

写真拡大




バンダイは、2012年5月22日に開業する東京スカイツリーのプラモデル『1/700 東京スカイツリー』を10月29日に発売します。価格は4万2000円(税込み)。開業時の造形を精巧に再現しながら、全高905mmという迫力あるサイズ感を実現しているのが特徴です。

部品の一部
複雑な鉄骨の構造を、太さや組み合わせの形状まで最大限に再現しています。土台のライティングユニットは組み立て済み。外側の鉄骨部分は3分割し、残りの部品を足元から順番に組み立てていく構造を採用しています。部品はホワイト、シルバー、クリアパーツと着色済みで、組み立てに接着剤は不要。

開業時のライティングイメージを再現
31個のLEDにより、淡いブルーの“粋”、江戸紫の“雅”といった開業時のライティングイメージが再現可能。

“時を刻む光”を再現
第一・第二展望台の上部に一定周期でLEDが回りながら点灯する“時を刻む光”は、モーター駆動の回転部品で再現しています。建設中の現在は赤色で点灯している航空障害灯は、開業時と同様に白色で点灯。

ゲイン塔
このように、建設中の現在の姿と開業時の姿が異なる部分、ゲイン塔と呼ばれる頂上部のように、完成してみると開発のために入手したCGデータや図面と異なる部分があり、開発には苦労したとのこと。ヘリコプターに乗って上空から取材したこともあるそうです。1/700というスケールは、船舶模型の標準的なスケールを採用することで、大きさの比較をできるようにしたとのこと。「他社製品より大きく」と、1m近い大きさにもこだわりがあったそうです。

よく見るとアンテナが3コ並んでいる部分が
細かい部分ですが、上空から取材した成果を教えていただきました。図面ではアンテナが縦に2コ並んでいる部分に、一部だけ3コ並んでいる部分があり、これも再現しています。

タワークレーンも付属
建設中からウォッチしていたスカイツリーファンにはうれしいことに、建設途中を再現できるタワークレーンが4基、付属しています。細かい点まで妥協なくリアルを追求する姿勢は、バンダイらしさを感じさせますね。

完成イメージ