いろいろひどい(いい意味で)ウェブ番組『出没!タジキスタン天国』が感想を“あいうえお作文”で募集中

写真拡大




6月10日に突如として配信を開始したウェブ番組『出没!タジキスタン天国』をご存知でしょうか。「地域密着系国型エンターテイメント」と銘打ったこの番組は、「どこかのテレビ番組に似てない?」「なぜタジキスタン?」というそもそもの疑問に始まり、実際に見てみるとツッコミどころが満載。その見どころをピックアップしてご紹介します。

『出没!タジキスタン天国』
http://codemasters.jp/ofprr/sp/tajik_tengoku.html


●謎の宣伝部長“オラ川欽也”
この番組の司会は、お笑いコンビ“弾丸ジャッキー”の松雪オラキオさん。「あなたの国の宣伝部長、オラ川欽也です!」と名乗っています。司会者なのに射撃の標的にされたり、タジキスタン国技のクラッシュで投げられたりと、威厳もありません。それでも、ふだんはネタ番組やひな壇でしか見ることのないオラキオさんの迷司会ぶりは、見ていくうちにだんだんクセになってきます。

もうひとりの司会は、元陸上自衛官という特殊なプロフィールを持つタレントの福島和可菜さん。パネリストに元自衛隊レンジャー隊員の弾丸ジャッキー 武田テキサスさん、砂川禎一朗さんに、元傭兵(ようへい)という、これまた特殊なバックグラウンドを持つ高部正樹さんが出演します。なぜか軍事色の強いメンバーのようですが……。

●美しいCGシーン?
番組は、タジキスタンの名所や名物を「BEST30」として紹介しながら進行。1回約15分の番組6回分で、第1位まで紹介していきます。「BEST30」にはタジキスタンのロケシーンがふんだんに登場するかと思いきや、30位の「ヌレークダム」に始まり、「ヒサールの要塞」、「戦場に咲く花」など、美しいCGシーンの紹介が多く、ロケシーンはほんのわずか。どういうことなのでしょう?

ここでやっと種明かしをすると、『出没!タジキスタン天国』は、7月28日に発売されたPlayStation 3/Xbox 360用ゲーム『OPERATION FLASHPOINT: RED RIVER』のプロモーション用に制作、配信されたウェブ番組なのです。ゲームの舞台となるタジキスタンを紹介するという趣旨の情報バラエティ番組になっています。CGシーンは、もちろんゲームに登場するシーン。映画のように美しく、迫力あるCG映像は、逆に番組の見どころとなっています。

ゲーム自体は、2013年のタジキスタンを舞台に、同国内での抵抗勢力による紛争に介入するアメリカ海兵隊と、侵攻する中国人民解放軍の紛争を描くミリタリーFPSと、かなりハードな内容。コアゲーマーに訴求するだけではなく、このようなやわらかい切り口で広くゲームの魅力を伝えていくプロモーションを展開しているのが特徴です。

●日暮里のタジキスタン料理屋が大活躍
「BEST30」で目を引くのが、日本ではあまりお目にかかることがないタジキスタン料理の数々。タジキスタン風ピラフの“プロフ”やタジキスタン風ギョウザ“マンティ”などが紹介されます。スパイシーなのが特徴のようですが、見ているとなかなか美味しそう……。

こちらの料理を提供しているのは、日暮里にあるレストランZAKURO。タジキスタン料理専門店と思いきや、お店のサイトを見たら「イラン・トルコ・ウズベキスタン料理」って書いてあるよ! 地域的には似た料理になるのでしょうか。

ちなみに、番組VTRではZAKUROの店員さんが登場、「プロフ美味シイダヨ! オ前モ食ベテミテ!」など味のあるコメントを披露しています。楽しそうなので今度行ってみようかな……。

●たまに異常に生々しい
名所や名物、グルメを紹介して楽しく進行する番組ですが、戦争をテーマにしたゲームが題材ということもあり、たまに「それ笑えないよ!」と言いたくなる場面も。

元傭兵(ようへい)の高部さんが語る「高部戦闘体験談」が、なぜか「BEST30」にちょくちょくランクインするのですが、外国人部隊と現地の上官の対立など、戦場のリアルなエピソードが披露されます。ほかにも戦地でのひどい食事、ノミに悩まされるエピソードなど、ほかでは聞けない話もある意味見どころ。

元自衛官のテキサスさんは、サバイバル術、射撃の基礎など、経験に基づく説得力のあるコーナーを担当しますが、第3位には「俺が守ってやる!テキサス」と、視聴者に災害時には自分を頼るよう呼びかけるなど、若干フワフワした内容も。オラキオさんとの掛け合いが見ものです。

●キャッチコピーがひどい
各回の最後には、オラキオさんのコーナー『宣伝部長オラ川のタジキスタン今週のキャッチフレーズ』で、その回に紹介した「BEST30」をまとめてタジキスタンのキャッチコピーを発表します。この内容もなかなかの見もの。

詳細は伏せますが、「食べキスタン」「一目ボレキスタン」とダジャレで通すのかと思えば、「○○! タジキスタン」と、語尾にタジキスタンを加えただけのコピー、突然詩的なコピーなど、回を重ねるごとに「今度は何を言うんだろう?」と視聴者の興味を引いていきます。

最終回のコピーは、ヒントを言うと標語風。オラキオさんいわく「あえて」狙ったもので、「8周すると面白くなる」そうですが、実際に聞いたら皆さんはどう思うでしょうか。

●“あいうえお作文”の感想文でプレゼント
ゲームに興味があってもなくても、回を重ねて見ていくとだんだん面白くなっていく『出没!タジキスタン天国』。ゆるい内容ながらも制作のクオリティは高く、ゲームのプロモーションだけにはもったいないぐらいの番組になっています。一度見てみる価値はあるのでは。

この番組を配信している、『OPERATION FLASHPOINT: RED RIVER』発売元のコードマスターズさんから、ガジェット通信読者の皆さんにプレゼントを提供いただきました。『出没!タジキスタン天国』を見て感想文を送ると、コードマスターズとガジェット通信、そして番組に出演する弾丸ジャッキーのお2人が選んだ優秀作を送っていただいた方に、賞品としてオリジナルグッズなどをプレゼントします。ただし、感想文はお題の頭文字を1文字目に入れる“あいおえお作文”で送ってください。お題は「おぺふら」です。

例:
お 漢(おとこ)には
ぺ ペシミズムなどいらないさ
ふ フフフと笑いがこみ上げる
ら ライトな番組『タジキスタン天国』

……筆者の頭で思いつくのはこんなレベルですが、オラ川欽也に負けないセンスある読者の皆さんの投稿をお待ちしてます!  

『出没!タジキスタン天国』はこちらからご覧いただけます。
http://codemasters.jp/ofprr/sp/tajik_tengoku.html

応募方法:
応募フォームから感想文を投稿してください。
『出没!タジキスタン天国』あいうえお作文応募フォーム
https://www.razil.jp/getnews/getofprr/

応募資格:
国内在住の15歳以上の方

締め切り:
2011年9月20日(火)23時59分

選考方法:
コードマスターズ、ガジェット通信、弾丸ジャッキーが優秀作品を選考します。

賞品:
コードマスターズ賞:PS3ゲームソフト1本+『OPERATION FLASHPOINT: RED RIVER』オリジナルTシャツ
弾丸ジャッキー賞:PS3用ゲームソフト1本+弾丸ジャッキー 直筆サイン入りオリジナルTシャツ
ガジェット通信賞:PS3用ゲームソフト1本+ガジェット通信Tシャツ

当選発表:
2011年9月30日に、『OPERATION FLASHPOINT: RED RIVER』特設サイトで発表します。
『OPERATION FLASHPOINT: RED RIVER』特設サイト
http://codemasters.jp/ofprr/sp/

『OPERATION FLASHPOINT: RED RIVER』概要
タイトル名:OPERATION FLASHPOINT : RED RIVER (オペレーション フラッシュポイント:レッド リバー)
対応機種: PlayStation3、Xbox360
発売元:コードマスターズ
ジャンル:ミリタリーアクション(FPS)
発売時期:発売中
プレイ人数:1人(オンライン時最大4人・システムリンク時最大4人)
音声/テキスト:日本語対応
希望小売価格:7770円(税込み)
CERO年齢区分:C(15歳以上)

参考記事:
お笑いコンビ“弾丸ジャッキー”が新作FPS『OPERATION FLASHPOINT: RED RIVER 』に声優で参加
http://getnews.jp/archives/107600

画像:コードマスターズウェブサイトより引用

© 2010 The Codemasters Software Company Limited ("Codemasters"). All rights reserved. "Codemasters"® is a registered trademark owned by Codemasters. “Operation Flashpoint”™, "Red River"™, “EGO”™ and the Codemasters logo are trademarks of Codemasters. All other copyrights or trademarks are the property of their respective owners and are being used under license. Use of military imagery from Defenseimagery.mil does not constitute or imply endorsement by the Department of Defense.