TVアニメ「日常」絶賛放映中!(画像:amazon.co.jpより)
(C)All rights reserved. KADOKAWA GROUP PUBLISHING CO.,LTD.
(C)あらゐけいいち・角川書店/東雲研究所


TVアニメ「日常」が4月からチバテレビほか各局で放映されています。

※あらゐけいいち先生原作の「日常」は角川書店「月刊少年エース」に連載されている漫画作品であり、女子高生等の非日常な「日常」を題材にしたギャグ漫画です。
DOG DAYS!東雲研究所!東雲研究所に本日は相生祐子・長野原みおと一緒に勉強をするため来訪予定。そのため東雲なのは待機しています。そんなとき、はかせは寝ている黒猫の阪本さんの首に紐を付けて散歩します。

阪本さんははかせに引きずられながらも辛うじてついて行きますが、何と水上麻衣と犬2匹と出会います。そこではかせと阪本さんはこう思います。

はかせ・阪本さん「噛まれるかもしれない。」

しかも、犬にはひもが付いていないうえ、はかせ・阪本さんは犬に囲まれてしまいます。更に食べ物で誘導する作戦も失敗、はかせも脱出道具の作成不可(道具(材料)不足)、もはや諦めてしまいますが…。なんと、

そこに相生祐子・長野原みおがやってきて、はかせは救助を求めますが…。相生祐子は「おとなしい犬が噛むわけがない(はかせはこわがり。オバQかっ!)」と発言します。

しかし、相生祐子・長野原みおも犬に噛まれてしまい重傷。はかせは戻ってきた水上麻衣にクレームを入れるもチョコレートで買収されます。更に別の犬が2匹やってきて、はかせと阪本さんは東雲研究所へ逃げます。

※当然ながら相生祐子・長野原みおは東雲研究所まで到達出来ませんでした。
今回のDOG DAYS!今回、はかせは阪本さんに紐を付けて散歩に出掛けます。猫に紐を付けて散歩すること自体はたまにありますが、流石に引きずるのは少々乱暴ですけど。

ただ、今回最大の問題は水上麻衣が犬のリード(紐と首輪)を外して、更に相生祐子・長野原みおに噛み付いたということにあります。ちなみに犬の放し飼いについては東京都の条例で禁止されていますし、今回のようなケースで人体に危害を加えた場合は傷害罪の適用の可能性があります。

はかせ・阪本さんが犬を警戒するのも妥当な状況ですし、相生祐子・長野原みおも無防備過ぎますが(噛まれた2人にも過失はあるでしょう)、毎回のように問題を起こす水上麻衣も今回については刑事事件になるレベルです(民事事件としても不法行為(民法第709条)として損害賠償請求対象になると思われます)。

※犬の放し飼い及び犬が他人に噛み付いた場合は飼い主が刑事罰及び民事上の責任を問われるので、犬を飼っている方は今回の水上麻衣の真似を絶対にしないでください。

※「DOG DAYS」というTVアニメ作品がありますが、戦闘シーンですら今回の日常よりも安全性が高いです。

「日常」、第23回へ続きます。


【ライター:清水サーシャ】


▼外部リンク
時定高校新聞(日常公式Webサイト)
日常 1 (角川コミックス・エース 181-1) [コミック]

■関連記事
【 シーエー・モバイル】Android端末向けきせかえアプリの提供開始「AKB48 HOME」
【アニメ】「侵略!イカ娘」AT‐Xで放映!
【アニメ】「ロウきゅーぶ!」第8話は「水着でバスケ!」な展開(ネタばれ注意)
【決選投票】海江田万里氏を退け、野田佳彦氏が民主党代表選挙を制す
【サッカー】ケガの森本に代わり柏レイソル期待のレフティー「田中順也」が日本代表に