経団連は、29日、民主党代表選の結果について米倉弘昌会長のコメントを発表した。

 民主党政権下で混迷している経済政策推進への期待から、野田佳彦新代表の就任を概ね歓迎する内容となっている。

 コメントの内容は次の通り。
「野田新代表は、税・財政・社会保障をはじめとする政策に通じ、かつ、安定感と行動力を持った政治リーダーであると思う。現在、わが国は、震災からの早期復興、過度な円高や先行き不透明な世界経済への対応、TPPをはじめとする経済連携の推進、経済成長戦略の実行、社会保障と税・財政の一体改革の推進など課題山積の状況にある。野田新代表には、挙党態勢の下、政治空白を作ることなく、ただちに強力な内閣を発足させ、野党の協力も得ながら、これらの重要政策課題を強力且つ迅速に推進し、新たな日本の創造に向けた道筋を切り拓いていただきたい。経団連としても、この難局を乗り切るにあたり、最大限の協力を申しあげたい。」

 経済の回復と同時に、雇用面では「新卒の就職難」「地方における就職難」「再就職の困難」といった課題が継続しており、新たな雇用創出にも期待したいところである。

30代男性「会社の将来が不安」で転職、40代はリストラが理由
企業の採用計画 増加が減少上回る
新卒採用枠の拡大要請へ

日本人材ニュースCarrera」は働く人のためのキャリアニュースサイトです。