人から認められる話し方とは?

写真拡大

 あなたは人から「認められている」と思いますか?

 「認められる」というと、「誰々に認められる」「上司に認められる」「友達に認められる」など、受身の印象を受けます。しかし、話し方研究所の会長の福田健さんは『認められるには「話し方」を変えなさい』(李白社/フォレスト出版刊)の中で、「認められる」というのは、「相手次第」で決まるものではなく「あなた次第」で決まるものだといいます。

 つまり、「原因は自分にある」ため、話し方や意識改革をすれば、どんな人からでも認められる人間になることが可能ということです。

■自称・話し上手の嫌われポイントとは?
 話し上手というと、「面白おかしく、気の利いた事が言える人」を連想するのではないでしょうか? しかし、福田さんは、それは誤解だといいます。会話で重要なのは、「話す」ことより「聞く」ことであり、相手を理解すること、相手のために話すことが重要になってくるのです。

 ウィットに富んだ表現と、小気味良いテンポで、まるで、プロの芸人のように流暢に喋る、しかし、いつも自分の話ばかり……。

 これではうんざりではないでしょうか? 人に認められたいからといって、自分の話ばかりしていてはいけません。話す時は、相手に関心を持って話すことが大切です。
 まずは悪い例をご紹介しましょう。

○悪い例
 Aさんは帰宅途中、ときどき上司のN部長と電車で一緒になります。N部長の方が遠く、Aさんが先に下車します。N部長は電車で会うたびに、「あれ、Aくんはどこで降りるんだっけ?」と尋ねます。今日で聞かれるのは、5度目か6度目です…。


 これでは部下に、「部長は僕に関心を持ってくれていないんだなぁ」と思われてしまいます。このような些細なことで、人間は、信用得たり失ったりするものです。
 逆に信用を得たいなら例えば、相手のプラスの面に焦点を当てて、これを話題にしてみることです。

○良い例
(1)本人が認めて欲しいこと
(2)本人も気づいてないこと
(3)小さな変化でも大事なこと


 この3つを敏感に察知するだけでも、あなたの印象は変わります。
 試しに今、隣に居る知り合いのプラス面を探してみてはいかがでしょうか? きっと、見つかるはずです。
読む新刊ラジオ1145回/本書のダイジェストを音声で配信中)


【関連記事】 元記事はこちら
好きな異性を落とすための話し方
ちょっとの仕草や話し方で人間関係は変わる
男性に勘違いされない「ほめ方」とは?
ココが違う、デキる男のしゃべり方