全国的に節電への取組みが呼びかけられる今年の夏は、扇風機をはじめ、節電効果の高い家電や、電気を使わないクールダウングッズが売れ続けたそう。

 美容ローラーやシリコンスチーマーなどのグッズを主体とした大型本シリーズにも、その世相を反映したものが続々と登場しました。各出版社から発売されているクールダウンアイテムを大別すると、「クールマットレス」「ネッククーラー」「ミスト扇風機」の3種類。 「クールマットレス」は椅子やベッドに敷いて使用するマット型のシート。「ネッククーラー」はタオルを首に巻くのと同じ感覚で使用できる形のもの。「ミスト扇風機」は持ち運び可能な小型扇風機に、ミスト噴射機能がついています。

 宝島社から発売中の『ひんやりジェル 爽快シート』は、冷蔵庫で冷やすことなく使用できる400ミリ×300ミリの冷感ジェルシートで、汚れれば水洗いもできる扱いやすさが魅力。 角川マガジンズから発売中の『快適!節電!夏のクール生活アイデアBOOK ひんやりリフレッシュネッククーラーつき』は、ファイテン株式会社とコラボし、アクアチタン技術を用いて制作したネッククーラーと、どこにいても夏を涼しく乗り切るためのアイディアBOOKがセットになっています。

 これらの暑い夏を快適に過ごすための時節を捉えた本は、書店で買えるという手軽さがウケ、売れ行きも上々な様子。秋から冬にかけても節電が強く呼びかけられることが予測されます。今後、各社からどのようなウォームグッズが発売されるのか、期待したいところです。


≪書店で買えるクールグッズ≫

■クールマットレス
爽快冷却ウォーターマット 
ひんやり爽快!ジェルシート  

■ネッククーラー
快適!節電!夏のクール生活アイデアBOOK ひんやりリフレッシュネッククーラーつき 
涼感加工素材クールレイでひんやり!爽快ネッククーラー 

■ミスト扇風機
クールミスティファン
クールミスティファンmini



『夏を乗り切る「クールグッズ」は書店にそろう?』
 著者:
 出版社:角川グループパブリッシング
 >>元の記事を見る





■ 関連記事
『「マイナス18℃以上であれば外で遊ぶ」世界のビックリ校則』(2011年8月19日09:00)
『新製品がヒットする確率は、不調な野球選手の打率より低い』(2011年8月17日09:00)
『ビジネスパーソンの強い味方「グーグル」の落とし穴』(2011年8月16日09:00)


■配信元
WEB本の雑誌