<バンタム級/5分3R>
イーブス・ジャボウィン(カナダ)
Def.判定2-1
イアン・ラブランド(米国)

異様な盛り上がりの中でスタートしたUFC RIOオープニングマッチ。オーソドックスに構えるラブブランドが対角線に歩を進めるように一気に距離を詰めていき、右フックを放っていく。

距離をとるジャボウィンに対してダッシュするように間合いを詰め、再びパンチを放っていくラブランドは首相撲からヒザ蹴りへ。ジャボウィンも左ミドルを返すが、ラブランドはこれを強引に受け止め、押し倒していく。

上になったラブランドが、ハーフガードからV1アームロックの態勢に。これが極まらないとみるや、エルボーを落としていくも、左のグローブから指が外れてブレイクがかかり、スタンドに戻される。

パンチからローを放つジャボウィンに、ラブランドは再び距離を詰めてパンチを放つ。蹴りからパンチ、バックスピンキックと打撃が出てきたジャボウィンは、その右フックがクリーンヒットするや、ジャンピングニーで飛び込む。

しかし、ここでバックハンドブローを狙ったジャボウィンに対し、ラブランドはシングルでテイクダウンに成功。ピンチを凌ぎ、1Rが終了する。

2R、シングルで飛び込むようにテイクダウンに成功したラブランド。すぐに立ち上がったジャボウィンを、ギロチンのような格好で引き込むと、下から腕十字狙い。これは凌がれるも、華麗にスイープし、上下をひっくり返した。

スタンドに戻ると、アッパーからミドル、バックスピンキックを放つジャボウィン。バックスピンキックがラブランドの急所に当たる場面もあったが、ラブランドにダメージはない模様。残り1分30秒でシングルレッグを仕掛けるラブランド。ジャボウィンはハイキック、左のボディショットを繰り出すと、パンチを打ちながら、ラブランドの足をすくうようにテイクダウンに成功した。

3R、手数が減る両者。ジャボウィンは半身になり、バックスピン系を狙うか。左右のフックを放つラブランド、ジャボウィンはカウンター気味にダブルレッグを見せると、足を入れ替えてキックを放つ。

ジャボウィンのテイクダウン狙いを突き放したラブランド。ジャボウィンはバックブローからハイを放ち、ラブランドはバックをうかがったがスッポ抜け、両者ともに攻撃の精度が落ちる。

それでも、パンチからロー、サイドキックを見せるジャボウィンは、ラブランドの前進をハイ、ミドルで阻むと、最後はテイクダウンを狙い、ケージに押し込んだところでタイムアップ。変則的な打撃を多用する両者の一戦は、2-1のスプリットでジャボウィンが判定勝利を挙げた。