QPRが問題児バートンをニューカッスルから4年契約で獲得

写真拡大

 QPR(クイーンズ・パーク・レンジャーズ)は、ニューカッスルからジョーイ・バートンを獲得すると発表した。契約期間は4年で、デビュー戦が9月12日の古巣ニューカッスル戦になる可能性もある。

 バートンはツイッターで首脳陣批判を展開したことから、自由移籍リストに載り、移籍が有力視されていた。バートン自身はニューカッスルへの残留を希望していたと発言しているが、自身の言動によってマグパイズ(ニューカッスルの愛称)のユニフォームを脱ぐことに。

 バートンは新シーズンでもアーセナル戦でジェルヴィーニョの胸倉をつかみ、小競り合いを起こすなど、その悪童振りを発揮していただけに、QPRがこの問題児と折り合いをつけられるかどうかがプレミア残留へ向けた鍵になりそうだ。

【関連記事】
ヴェンゲルが補強を宣言「2、3人の選手を獲得したい」…本田獲得の噂も
マンC移籍のナスリがヴェンゲルに感謝「第2の父親」
テベスの残留が確実だと語るマンチーニ「素晴らしいこと」
マンUの好発進、老将ファーガソンが押し進める巧妙な世代交代策とは
香川、宮市、本田らの活躍を海外日本人特集ページでチェック!