8 月の下旬になっても、まだまだ暑い日が続いています。そんな暑いなかでの楽しみといえば、「冷たくて美味しいビールを飲むこと」という人もいるのではないでしょうか。そんなビール好きが知っていると嬉しいのが、「家庭で美味しくビールを飲む方法」。

 サントリーホールディングスの経営顧問を務める中谷和夫氏が書籍『ビールを極める』のなかで、この秘訣について、詳しく紹介しています。


1. まず、よく洗い自然乾燥させたグラスを用意します。グラスに注ぐと若干ビールの温度が上がるので、最低5℃以下に冷やしておきましょう。同様にグラスも冷やしておきます。

2. 次に、勢いよく泡立てながら、泡がグラスの半分を超すくらいまでビールを注ぎます。その後1分余り待ちます。そうすると大きな泡がつぶれ、泡全体が細かくなります。

3. さらに、グラスを斜めに傾けて、グラスの側面に沿ってビールをゆっくり注ぎます。そして、徐々にグラスを立てていき、最後に泡の表面にビールを細い流れで注ぎ、泡をこんもり盛り上がらせます。

4. 泡をグラスの縁から1.5cm盛り上げたら完成。ビール対泡の比率は「7対3」くらいが理想的です。


 想像するだけでも美味しそうなビールが注がれたのではないでしょうか。家庭で飲む美味しいビールで、残り短い夏を楽しみましょう。



『ビールの達人が伝授「家庭で美味しくビールを飲む方法」』
 著者:
 出版社:双葉社
 >>元の記事を見る





■ 関連記事
『あなたは「パンプキン爆弾」を知っていますか?』(2011年8月12日08:00)
『誕生から55年経っても愛される「鉄人28号」の魅力とは』(2011年8月11日10:00)
『高校選手権での本田圭佑、初戦の相手に優勝候補を「あえて」選ぶ』(2011年8月11日09:00)


■配信元
WEB本の雑誌