韓国ガールズグループT-ARAが正式デビュー、「子ネコ」のコンセプトで日本列島を攻略!

写真拡大

韓国の7人組ガールズグループ「T-ARA(ティアラ)」が、『Bo Peep Bo Peep』で9月2日に日本デビューを果たす。

T-ARAは2009年に韓国でデビューし、2009年の第24回ゴールデンディスク賞や2010年のソウル歌謡大賞で新人賞を受賞。日本のデビュー曲となる『Bo Peep Bo Peep』は韓国の様々な歌番組で1位を記録し、T-ARA旋風を巻き起こすなど、同国では今もっとも熱いグループとされる。

そんな彼女たちだが、日本で初披露する姿はなんと「子ネコ姿」。ミュージカル『キャッツ』のメイキャップチームが協力しているそうで、かわいい猫姿で日本攻略を図るそうだ。韓国メディアは、「T-ARAなのか子ネコなのか区別できないほど完璧に変身している」とべた褒めだ。

T-ARAの所属事務所側は、「本格的な日本デビューを目前に控え、とても不思議で、さらに努力して良い姿を見せられたらと思います」と伝えた。

一方、「T-ARA」というグループ名は、歌謡界の王冠(ティアラ)をかぶってみせるという意味が込められているという。T-ARAの日本での活躍が楽しみだ。

参照:ティアラ、日本「猫」コンセプトで攻略…イメージ公開 - Osen
参照:T-ARA - bo peep bo peep(韓国語版) - YouTube

(文:林由美)

■【韓フルタイム】とは……
【韓フルタイム】とは韓国に特化した情報を提供する媒体です。
韓国に詳しい専門の日本人記者が取材、執筆を行っております。
韓国中心の出来事をいち早くお届けできるように頑張っていきます。