韓国人求職者が最も尊敬する人物は「パク・チソン」、キム・ヨナやジョブズも

写真拡大

韓国の就職ポータルサイト「ジョブコリア」は自国内の求職者を対象に「尊敬する人物」についてアンケートしたところ、マンチェスター・ユナイテッドのパク・チソンとの回答が一番多かったと、26日発表した。

アンケートは求職者3485人を対象に行い、パク・チソンを選んだ人はこのうちの405人で11.6%を獲得。続いての順位は以下の通りとなった。

修道女のマザー・テレサ(10.8%)
韓国フィギュアスケートのキム・ヨナ(10.7%)
韓国を代表するMCのユ・ジェソク(10.1%)
作家のハン・ビヤ(10.0%)
国連のパン・ギムン事務総長(9.3%)
アップルのスティーブ・ジョブズ前CEO(7.9%)
アン・チョルス教授(7.0%)
サムスンのイ・ゴンヒ会長(6.8%)
バレリーナのカン・スジン(5.8%)

韓国の企業は、入社試験で「尊敬する人物とその理由」について尋ねるケースが多く、サムスン電子も毎年「尊敬する人物をその理由」について質問しているという。

ジョブコリア側は、「求職者は尊敬する人物について述べる時、経験に基づいて具体的かつ論理的に話をしなければならない」と話し、「尊敬する人物の人生や哲学について、深く考える必要がある。回答が抽象的だったり、具体的ではないと良い点数が付かない」とアドバイスした。

順位にマザー・テレサやパン・ギムン事務総長が上位に登場するあたり、就職活動を意識した回答と言えるのではないだろうか。何かとメディアを賑わせるキム・ヨナはまだ20歳だが、バンクーバー五輪で金メダリストを獲得し、五輪招致に貢献するなどすでに尊敬される存在となっている。


参照:求職者たちが最も尊敬する人物はパク・チソン - 韓国経済
参照:求職者、最も尊敬する人物1位は? - 世界ファイナンス

(文:林由美)

■【韓フルタイム】とは……
【韓フルタイム】とは韓国に特化した情報を提供する媒体です。
韓国に詳しい専門の日本人記者が取材、執筆を行っております。
韓国中心の出来事をいち早くお届けできるように頑張っていきます。