「結婚できない男」の特徴

写真拡大

 震災を機に、真剣に結婚相手を探し始める人が増えていると言われていますが、当然すんなりと相手を見つけ、結婚できる人ばかりではありません。
 結婚願望がありながらも相手が見つからなかったり、恋人ができても結婚にまで至らなかったり、ゴールインまでたどり着ける人はむしろ少数派なのかもしれません。
 結婚できる人とそうでない人の間にはどのような違いがあるのか。
 今回は『あなたが結婚できない本当の理由』(諸富祥彦/著、アスキーメディアワークス/刊)で掲載されている「結婚力をつけるための17のステップ」を反転させた「結婚できない男の特徴」を紹介します。

■好みに執着しすぎる
 「自分の好みの女性はこういう人だ!」という好みを持つのは大事なことですが、あまりに凝り固まってしまうと視野が狭くなってしまいます。結婚という目的に向かって異性を探すなら、今までは注意して見てこなかったタイプの異性にも目を向けてみてはいかがでしょうか。

■第一印象を気にしない
 第一印象で「この人、アリ」という圏内に入ることがなかった人は、その後の努力で射程圏内に入ることは難しい、という心理学の調査があるように、異性との出会いは最初の20秒、または最初の一言が勝負。
 「ありのままの自分」を好きになってほしい、という気持ちはひとまず置いておいて、出会いの場や初めてのデートでは小奇麗な服装を心がけましょう。また、初めての会話の際は、少し低めの落ち着いたトーンでゆっくりと語りかけることが有効です。

■話を聞かない
 女性の話にきちんと耳を傾けることには多くの意味があります。
 一つ目は、自分の話を聞いてほしいという女性の欲求を満たすこと。
 二つ目は、その女性を大事に思っているというメッセージを伝えることができること。
 三つ目は、自分が相手の女性を「話を聞くに値する価値のある存在だ」と思っていることを伝えることができること。
 女性の話をきちんと聞かないということは、これらのメリットを全て放棄しているのと同じことなのです。

■弱みを見せない
 ネガティブなことばかり話す男は嫌われる、との思いから「こんな人生を作っていきたいんだ」「こんなに仕事を頑張っている」などポジティブな話をするのは悪いことではありません。しかし、これも程度の問題。
 いつもポジティブにばかり話していると、女性は段々と窮屈に感じてしまうものです。
 もちろん愚痴ばかりこぼす男性はNGですが、たまには女性に弱みを見せることも覚えておいた方がよさそうです。

 記事を書いていて、身につまされる部分が多々ありました。
 本書には、結婚できる男になるためにはどうすればいいか、ということが事細かに書かれていますので、そろそろ結婚を…と考えている人は参考にしてみてください。
(新刊JP編集部/山田洋介)


【関連記事】 元記事はこちら
モテない男のデートを尾行してみた
なぜイケメン・美女ばかりがモテるのか?
イマドキの女性はどんなセックスをしているのか?
どうして日本人のカップルはセックスレスになるの?