110826NEWSgen01.jpg福島第一原発事故の影響で、さまざまなところで放射性物質による汚染の拡散が問題となっています。今回はその問題点や、身近で注意したい場所についてご紹介したいと思います。




場所による放射線量の違いに気をつけよう!
同じ敷地内でも放射線量に差があるのをご存じですか?
放射性物質は、自分では歩いたり動いたりせず、水と一緒に動く(運ばれる)ことが多いからです。

例えば、公園内で雨水が溜まり、水たまりになりやすい場所などは線量が高くなりがちです。また、人との距離が近い低木が多い場合には、葉に付着している放射性物質の影響で高い数値が出たり、風により埃や落ち葉が吹きだまりになりやすい場所も同様です。よく行く場所では、なるべくそのようなポイントを避けるよう心がけましょう。今後は、地域住民と行政が協力して対策をしていけるといいですね。

放射性物質に汚染された災害廃棄物処理
3月11日に起きた東日本大震災により、木くずやがれきなどの「災害廃棄物」が大量に発生しました。8月16日の環境省公表資料によれば東北3県(岩手、宮城、福島)のがれき推計量は約2270万tになります。参照:沿岸市町村の災害廃棄物処理の進捗状況【PDF資料】
これを一般廃棄物(一人1.1kg/日)と過程すると、人口1000万人が通常排出する量の約5〜6年分に相当します。
参照:環境goo

その「災害廃棄物」を迅速に処理していこうと、8月18日付けで「東日本大震災により生じた災害廃棄物の処理に関する特別措置法」が施行されました。全国各地で災害廃棄物の処理をしていこうというものです。

しかし、阪神大震災とは違い「放射性物質」の問題があります。この影響で福島県では処理が手つかずの状態が続いています。日本中に汚染を拡散する可能性があるため、受け入れに難色を示す自治体もあります。

政府の見解では、性能の良い焼却炉なら放射性物質は影響を及ぼさないとのことですが、元々放射性物質を除去する仕様ではないので、フィルターで除去しきれずに大気中に拡散する可能性も否定できません。フィルターがすぐ目詰まりを起こしたり、仮にフィルターで除去できたとしても、そのフィルター自体の処分の問題があり、焼却によって消滅しない放射性物質の焼却灰の問題が残ります。

処分先が決まっていない浄水場・下水処理場の汚泥焼却灰
約12万tの汚泥焼却灰(東北や首都圏を中心とした約14都県の浄水場で9万2千tの汚泥、13都県の下水処理場で約2万7千tの汚泥と焼却灰)の処分先が、まだ決まっていません。

従来はセメント原料や園芸土などに再利用されてきましたが、たとえ国が定めた基準以下であっても、放射能汚染のものはユーザーからのニーズがないという理由で、受け入れる業者がないそう。

国は、8千ベクレル以下は埋め立て可能と発表していますが、国民からの理解は得られないため、今は施設内の倉庫などに保管されています。地下倉庫がいっぱいになってしまった立川市の錦町下水処理場は、放射線を防ぐ鉛のシートを挟んだ保管倉庫を新設するそうです。

放射性物質と向き合うには
汚泥焼却灰はすでに14都県にあるので、まずはそれらが拡散しないようにしっかりと保管・管理していくことが重要です。江東区の「No!放射能 江東子ども守る会」が神戸大学の山内教授に依頼した調査によれば、汚泥が焼却される過程において、放射性物質が再拡散し、原発事故の二次災害を引き起こしている可能性があると判明しています。

災害廃棄物の問題を、東北に押し付けることはできません。しかし、江東区のように二次災害が起こっているかもしれないという不安がすでにあるのが現状です。迅速な対応はもちろん大切ですが、あせって押し付け合うだけでは何の解決にもなりません。

どうしたらこのような状況を増やさずに、大量の廃棄物を処理できるのか。答えは簡単には見つけられませんが、数値をきちんと把握し、放射性物質という現実と向き合い、真剣に考えていく必要があるでしょう。

神無月好子(ライター/オーガニックライフスタイリスト).................................................................................................kannazukimyouko01.jpg環境や、原発問題をわかりやすく伝えるべく、2007、2008年とGARCIA MARQUEZとstop-rokkashoのチャリティーコラボバックや、2010年には森林保全のmore trees×ANOTHER EDITION×HELLO KITTYのチャリティーコラボバックを展開。今までにない切り口で、たくさんの人に環境をはじめ、原発や、社会問題について執筆中。http://blog.livedoor.jp/sukikokannaduki/



■ あわせて読みたい
知っておきたい放射能汚染対策のまとめ【連載最終回】
動画で理解する! 今後も気になる「放射性廃棄物処理」問題
毎日手軽に放射線量チェック! 各地の放射線量をまとめた便利で使えるサイト&スマートフォンアプリ
原発ニュースを読み解くための用語集
手軽な材料でできる! 身近な地域の放射能除染対策
肉・魚は塩水で煮ると、セシウムが70%減少!? 放射能汚染された食品を食す注意ポイント
洗濯物を外に干しても大丈夫?今すぐ知りたい放射線対策