【バンダイナムコゲームス】PS3ソフト「機動戦士ガンダムEXTREME VS.」を発売

写真拡大

(C)創通・サンライズ
(C)創通・サンライズ・毎日放送

株式会社バンダイナムコゲームスが展開しているチームバトルアクションゲーム「機動戦士ガンダムVS.」シリーズが2001年の発売から10周年を迎えた。

「機動戦士ガンダム」シリーズに登場するモビルスーツを用いた2対2のチームバトルアクションゲームとして2001年にアーケード用ゲームで発売した「機動戦士ガンダム連邦vs.ジオン」を皮切りに、現在までアーケード用ゲームでは9作品、約55,000台、家庭用ゲームソフトでは8作品、約380万本の累計販売本数を記録している。

発売10周年を記念して、最新作「機動戦士ガンダムEXTREME VS.(エクストリームバーサス)」を用いた、さまざまな特別企画を予定している。家庭用ゲームでは、プレイステーション3用ソフト「機動戦士ガンダムEXTREME VS.」の発売を決定。アーケード用ゲームでは、10周年記念大会を東京ゲームショウ会場特設ステージで開催予定だ。

<今後の予定>


■「機動戦士ガンダムEXTREME VS.」大会の開催
・10周年記念大会を東京ゲームショウで開催
・今秋より全国大会を開催

■「キャラホビ2011」で歴代ゲームを出展
アーケード用「機動戦士ガンダムVS.」シリーズ歴代9作品をフリープレイで出展

【家庭用ゲームでの展開】

■最新作「機動戦士ガンダムエクストリームバーサス」の発売を決定
 レイステーション3用ソフトとして2011年12月の発売に向けて、開発を進めているとのこと。家庭用ならではの機能も搭載予定。

【記事:猫またぎ】


▼外部リンク

バンダイナムコゲームス公式サイト


■関連記事
「おねがい☆ティーチャー」Blu-ray BOXリリース決定!
まるでセクシーモデル!23キロ減量成功のカイヤさん
メガネ型ディスプレー開発、ますます期待の近未来
【Googleトレンド】杉浦太陽氏の父親に金を貸していると主張する組員が暴れて逮捕
カジノ法案は今秋にも提出か、国内カジノ誕生に一歩