「ラスト一行のための長い前ふり」乾ルカさんインタビュー(1)

写真拡大

 出版界の最重要人物にフォーカスする『ベストセラーズインタビュー』!
 第32回の今回は、新刊『四龍海城』(新潮社/刊)を刊行した乾ルカさんです。
 一学期最後の日、自宅の近くの海に建つ奇妙な塔に迷い込んだ主人公の中学生・健太郎。そこで出会った同年代の少年・貴希との交流と、塔から脱出するための「出城料」を探る冒険を描いた本作は、どのようにして生まれたのでしょうか。

■「ラスト一行を書くために長い前ふりを書いた、というところはあるかもしれません」
―北海道札幌にお住まいとのことですが、東京の暑さはいかがですか?

乾ルカさん(以下、乾)「東京では絶対生きていけないと思います。普通に『あ、私死ぬな』と。彼岸が見えました(笑)」

―乾さんというとホラーの印象が強いのですが、本作『四龍海城(しりゅうかいじょう)』にはまた別の種類のグロテスクさがありますね。

乾「デビュー作がホラーだったのでそういうイメージがあるのかもしれませんが、私の場合はホラーを書いてやろうと思って書いたものはほとんどないんです。作品として出回ってしまうと、ホラーだという感想を持たれることが多いんですけど」

―本作は新潮ケータイ文庫DX(新潮社直営の総合読み物サイト)で連載されていましたが、紙媒体ではないということで、執筆の際に普段との意識の差はありましたか?

乾「大きな違いはなかったと思うんですけど、掲載時に原稿用紙5枚分くらいずつ毎日更新していくということをお伺いしていたので、各場面がそれくらいで切れていた方がいいのかな、とは考えましたね。特別に携帯電話向けにと意識したことはなかったです」

―執筆していて行き詰ってしまったところはありましたか?

乾「書いている途中にちょっと中断したところはありました。短編など、他の仕事も受けていて、そちらは厳密な締め切りがあったんですけど、この作品は編集者の方が融通を利かせてくださって、出来上がるまで待ってくださっていたので、短編の方をやっているうちに手が止まってしまったことはありましたね」

―ちなみにどのあたりですか?

乾「ラジオが直った直後あたりですかね。そこで止まってしまって、再開するのに“よっこいしょ”という感じになりました」

―本作を書き上げるにあたって苦労した点がありましたら教えてください。

乾「長編自体が得意ではないので、書くことそのものに苦労はしました。構想したものを小説にする作業で、“頭ではこう考えているんだけど書くとうまくいかない”というようなことは結構ありましたね。自分の文章力が追い付いていないのでしょう」

―本作はどのようにして生まれたのか、その着想のきっかけを教えていただけますか。

乾「きっかけはあったんでしょうけど、もうあまり覚えてないです。ただ、目には見えているけど、そこにどんな人がいて、何をやっているかがわからないというような得体の知れない場所が私自身好きなので、そういう場所への冒険心というところから思いついたのかもしれませんね」

―本作は冒険小説としてすばらしい作品ですが、最後はとても悲しい結末を迎えます。あのラストは当初から考えていたものだったのでしょうか。

乾「そうですね。最後のあの一行を書きたいがために、すごく長い前ふりを書いたというようなところはあるかもしれません」

―ファンタジーの要素を持ちながらも、現実世界とのつながりも随所に感じさせる作品設定になっています。このような設定にした理由は何だったのでしょうか。

乾「まるっきり現実とは別の世界を作ると、ものすごく設定が面倒くさくなって私の手には負えないんじゃないかなと(笑)それに、日常の隣にある異世界っていうものに私自身惹かれるところもあります。多分、私自身がそういうところに行ってみたいんだと思うんですよね。なので、まるっきり別世界にしてしまうと自分もそこに行けないじゃないですか。だから実在の地名を入れたりしているんだと思います」

―エンターテイメント性はもちろん、本作からは様々なテーマを読み取ることができます。この作品で乾さんが一番書きたいと思ったテーマは何だったのでしょうか。

乾「それはやはり友情じゃないですかね。私は昔から友達がいなかったものですから…(笑)」

― 一人もですか…!?

乾「一人もいなかったわけではないんですけど、少数精鋭で(笑) 小学校から高校までみんなで集まってワイワイやるタイプではなかったので、友情の絆っていうものに過剰な憧れを抱いているんだと思います。だから、私の頭の中での理想というか、行きすぎた部分はあるかもしれませんけども、そういう憧れは出ていると思います」

―なるほど。しかし、本作では女の子同士の友情ではなくて男の子同士の友情が描かれていますね。

乾「女の子同士の友情も書いたことはあるんですけども、この作品では男の子でしたね。この本の世界を書くにあたって、女の子同士だと面倒くさい展開になりそうだったので。あと、なんか生々しいですけど生理はどうするんだっていう話も出てくると思うし(笑)」

―お友達が少ないとのことですが、親しくされている作家さんはいらっしゃるんですか?

乾「たまにお会いしてお食事したりお茶をしたりするのは桜木紫乃さんですね。桜木さんはうちの近くにお住まいなんですよ」

―作家さん同士が会うとどんな話をされるんですか?

乾「桜木さんはナナちゃんっていう犬を飼ってるんですけど、その犬の話が多いかもしれません。あんまり小説の話はしないです。一応お互い新刊が出たら送り合ってはいるんですが、感想とかは話さないですね。そういうのはあの世に持って行こう、ということで (笑)」

担当編集・西さん「編集者の悪口とかは出ませんか?」

乾「えっ…言わないですよ。ごくたまに話題に出ることはないとは言いませんけど(笑)」


第二回「仕事って辛いものじゃないですか。お金を稼ぐって辛いことなので」に続く


【関連記事】 元記事はこちら
棋士・羽生善治の「敗北」観とは?
スターバックス低迷の原因
イマドキの女性はどんなセックスをしているのか?
モテない男のデートを尾行してみた