社会人のSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の利用者が、平均で55.6%となり、男女別では、女性の利用率が男性を上回っていることが分かった。転職サービスを提供するインテリジェンスは、25歳〜34歳の社会人5000人を対象に、SNSの利用についてアンケート調査を実施した。

 Twitter、Facebook、mixi、GREEなどのSNSを利用動向を聞いたところ、「利用している」が55.6%となった。男女別では、男性が52.7%、女性が58.5%と、女性の利用率が男性を上回っている。

 所属する企業の業種別では、「メディア/広告」が75.6%で最多、次いで「IT/通信/インターネット」(64.7%)、「金融」(56.9%)と続いている。また、最も利用率が低い業種は「教育/官公庁」(46.3%)で、業種によって利用率に差が出る結果となった。
 
 年収別でみた利用状況は、「900万円台」が68.4%で最多だった。次いで「800万円台」(66.7%)、「1000万円台」(60.0%)と続き、年収が高い層がSNS利用率の平均を上回っている。
 
 SNS利用者が、SNS上で仕事関係者と交流しているか聞いたところ、交流が「ある」と答えた人は32.8%となった。交流している相手は、「同僚」が73.3%で最多となり、「上司」(22.2%)、「部下」(19.5%)で、仕事上の付き合いでは積極的に活用されていないことが分かった。

 調査は、2011年3月5日〜6日の期間、関東、関西、中部エリアで正社員として就業する男女5000人にインターネットリサーチで聞いている。

働く女性が興味を持つ資格 「仕事」から「生活」へ
働く女性が過去最多、医療・福祉分野で雇用が増加
20代女子 上司・部下との付合いでお疲れ気味

日本人材ニュースCarrera」は働く人のためのキャリアニュースサイトです。