【コンセプト店舗への誘い】東京・秋葉原「憩・秋葉城」
全国津々浦々のコンセプト店舗を紹介する「コンセプト店舗への誘い(いざない)」。前回に引き続き担当させていただきますのは、コンセプト店舗ファン歴10年。訪れた全国の店舗は100店舗以上という実績を誇ります『姫♪』でございます。

さて、今回ご紹介するのは、コンセプト店舗の聖地、秋葉原にありますコスプレ系ほぐし屋さんの「憩・秋葉城」です。こちらの店舗では、店員さんに肩や腰の凝りをほぐしてもらえる「ごろリラ」のコース、店員さんと一緒に遊べる「ふぁみリラ」のコース、店員さんとのお喋りを楽しむ「しゃべリラ」のコースがあります。

今回、筆者は店員さんに肩や腰の凝りをほぐしてもらえる「ごろリラ」のコースを受けておりますので、このコースを中心にレポートいたします。
では早速、お店の概要からご紹介。

■「憩・秋葉城」システム概要

<料金>
まずは今回挑戦した「ごろリラ」コースの料金のご紹介。
マッサージコースの「ごろリラ」に関しては、20分1,600円から。某大手チェーンのマッサージ店などでは10分1,050円が相場となっているため、コンセプト店舗のサービスとはいいつつも比較的良心的な価格設定であることが伺えます。

憩・秋葉城_料金表


<憩姫>
こうしたコンセプト店舗では、お店ごとに店で働くスタッフさんに独特の呼び名をつけている事が多々あります。
例えばバー系のお店ならば「○○ガール」、耳かき系のお店ならば「○○撫子」といった感じですね。
そして漏れなくこのお店でも特有名称があり、店員さんを「憩姫(いこいひめ)」と呼んでいます。


<ポイントカードシステム>
最後にお店のシステムで紹介するのは、コンセプト店舗ファンが最も気になる「ポイントカードシステム」について。(コンセプト店舗ファンの中には、それぞれのお店のポイントカードを一種のコレクションアイテムとして収集している人も少なからずいます。また、同じ店舗でもカードデザインが変わる毎にコレクションする人もいます。)
筆者も多分に漏れず、100 枚を超える各店舗のポイントカードをファイルにコレクションしております。

さて、この「憩・秋葉城」さんのポイントシステムは料金制となっており、1,000円につき1ポイントが加算されます。

今回の私の場合「ごろリラ」コースをオーダーしたので、一番最短のコースですと20分1,600円で1ポイントしか加算されません。ですがそこは人のさが、つい2枠オーダーして3,200円で3ポイント狙う人も少なくないと思われます。顧客心理を突いた憎いサービスですね。

ちなみに、ポイントカードが3枚満了すると「夕方カード」に、5枚満了すると「夜カード」に変わります。
夕方カードや夜カードになることで使用可能となるオプションコースが出てくるので、ゲームのクエストをこなすような感覚でポイント収集が楽しめるという寸法です。


■「憩・秋葉城」のサービスをレポート

では、実際にどのようにほぐしを受けられるのか?気になりますよね。
今回は特別にお店のご好意で写真撮影を許可していただきました。実際のサービス風景を写真とともにみていきましょう。

今回、筆者は「ごろリラ」2時間コース+千両(オプションコース)+のびリラ(オプションコース)をオーダーさせていただきました。
ほぐしの状況は文章ではなかなか伝わりにくいため、写真での解説が中心となりますがそこはどうぞお許しを。また写真には時々むさいオッサンが登場しますがそこもあえてスルーでお願い致します。

【店舗のあるビルの外観】
店舗のあるビルの外観
【ビルの外に設置されているお店の看板】
ビルの外に設置されているお店の看板

UDXビルの近くで、麻生元首相をイメージした看板が目立つこちらのビル。
ビルにあるエレベータを使い3Fに上ると店舗があります。早速カウンターでコースを伝えて、料金を支払います。

支払いが終わると、本日担当してくれる「憩姫」との顔合わせ。憩姫から自己紹介を受けて、早速サービスが始まります。

まずは、どの部分をほぐして欲しいかの確認から始まります。一通り希望を伝えて、いよいよほぐしの開始です。
※実際に行う場所の順番は、その時の状況や担当する憩姫によって変わる場合があります。


<肩をほぐします>
肩にタオルをかけて、肩もみ・肩たたきなどをやってくれます。雰囲気的には理容室や美容室でマッサージしてもらうのに似てますね。
エロゲ三昧で肩や目に疲れの残る三十路の肩には良い心地でした。

肩をほぐします


<腰・背中・足をほぐします>
肩が終わると今度は横になって、腰やその他全身を順番にほぐしてもらいます。施術部にタオルをあててその上から押してくれます。女の子の力とはいえ、そこはプロのほぐし屋さん。なかなかこちらも気持ちよかったです。

腰・背中・足をほぐします

実際、揉んでもらっている最中、あまりの心地よさに取材を忘れ一瞬ウトウトしてしまいました。
焦って憩姫に話しかけたのは内緒の話です。

こうした最中、憩姫との会話もまた楽しみの一つだったりもします。特に共通の話題があると、会話も弾みますね。気が付くと、結構な時間が経過していることもしばしば。


<手をほぐします>
そして、基本マッサージの最後にクリームを使って、手のマッサージをやっていただきました。

手をほぐします

香りの良いクリームで、エロゲ三昧で疲れた三十路の手と心には深く染み入る心地よさです。これこそ「身も心もほぐれる」というやつです。


<オプションサービス:千両>
さて、次からはオプションのサービスについての紹介です。今回私は、膝枕状態で、首・頭のツボを押してリラックスする「千両コース」もつけました。

可愛い女の子の膝枕でムフフ。というのはさておいて、顔から手ぬぐいをかけられ、その上から丁寧に揉んでいただきます。こうやってもらうと改めて気がつくのですが、目や頭にも結構なコリがあることに気づかされます。

オプションサービス:千両


<オプションサービス:のびリラ>
オプション最後は腕・足をストレッチして、スジをのばすコースです。普段エロゲ三昧で座りっぱなしで、メタボ代表の様な三十路の体にはかなり効くオプションでした。

オプションサービス:のびリラ

今回筆者は2時間のコースを選択して、ほぼ全身に渡ってのほぐしを行なってもらいましたが、短いコースはもちろん、長いコースでも特定の部分を集中的にほぐしてもらうことも可能です。(もみプランがカスタマイズできるという事ですね。)

なお、力加減も好みに合わせてもらうことができるので、弱めの力がお好きな方も、強めの力がお好きな方も、憩姫に申し出れば調整してもらえますよ。

最初に申し出た時間では物足りなかった場合は、延長することも可能です。
また、2人の憩姫に同時にほぐしてもらうことも可能だそうです。

筆者も、2時間コース+延長1時間でほぐしてもらったり、2人の憩姫に2時間コースでほぐしてもらったことがございます。それなりの料金も発生しますが、それ相応に「身も心も」満足できますよ。ボーナス後などの余裕のある際に、是非おすすめします。


<サービスショット>
今回、店舗側に撮影をお願いしたことで、店舗側のご好意により多数のサービスショットをいただきましたので、一部ここに掲載させていただきます。

サービスショットサービスショット

補足ですが、オプションには「コスチュームチェンジ」や「チェキ撮影」もあります。
「コスチュームチェンジ」の場合には、店舗側で用意されている衣装を指定して着替えてもらいます。こちらは事前に確認した衣装がその時に利用できるとは限らないので、予め予約して来店するとスムーズでいいかもしれません。
「チェキ撮影」は、憩姫と一緒にチェキ撮影をすることができます。チェキは店舗側で用意しているので撮影したい方は申し込んでみてください。なお、申し込むタイミングはオーダーする際でも、ほぐし後に追加でもどちらでもOKだそうです。


<割引や特典が充実>
この店舗は、割引サービスや特典が特に充実しています。

例えば、初めて訪れた人には60分コースが割引価格で体験できます。店舗があるビルのエレベーター内に初回専用のチラシがありますので、初回来店時には忘れずチェックすると良いでしょう。

その他、割引サービスの方は「ごろリラ」コースを利用すると、翌日以降から1週間以内有効な「ごろリラ」コースの割引チケットがもらえます。
有効期間は短いですが、期限を過ぎたチケットでも4枚貯めると割引されるなどの、リベンジチャンスがもらえたりします。また、ポイントカードが満了する時にも割引が適用されたりなどもあります。


昨今、このようなほぐし屋さんが各地に多数開店してきています。
いろんな店舗を回ってみて、自分にイチバン合った店舗やサービスを探してみるのも1つの楽しみですね。

筆者の個人的見解となりますが、同じ店舗でも店員さんによって施術の仕方などが微妙に変わりますので、同じ店舗に足繁く通って自分にイチバン合う店員さんを探すのも、醍醐味の1つですね。
実際に筆者が自分に合う店員さんを探すために通い詰めた結果、ポイントカードが10枚以上満了になった店舗もございます。
今回ご紹介している「憩・秋葉城」さんも、実はその店舗の1つだったりします。

自分が大好きなお宝商品を購入して疲れた身体に、ほぐしのサービス。
あちこちの店舗を巡って歩き回り、パンパンになった足をほぐし屋さんでほぐしてもらう。
「身も心も」ほぐしてリラックスしてから帰るというのも、最高の贅沢ではないでしょうか?


次回もどうぞお楽しみに♪


■今回紹介した店舗

「憩・秋葉城」
住所:東京都千代田区外神田4−6−1 シューマンビル3F
電話番号:03-5294-8272
営業時間:12:00〜22:00 (受付終了:21:00)
URL:http://r.goope.jp/ikoiakibajyou/

交通機関:
・JR秋葉原駅より徒歩8分。
・東京メトロ銀座線「末広町」より徒歩1分。

※本文中に写真が出てまいりますが、店舗内で撮影した画像は全て店舗および店員さんに許可を得て掲載しております。無断転載を固く禁じます。

(文・写真:姫♪)


■関連記事
角川2大誌「ガンダムエース」と「ニュータイプ」の新メディアミックスマガジン誕生
「桜蘭高校ホスト部」映画化を発表
角川、豪華ゲスト登場のニコ生番組「××BOOK☆WALKER」放送開始
【特撮映像館】Act.74 妖怪百物語
SeedC、幕末が舞台の「ブラウザ幕末維新」新サーバーオープン