ハローキティデザイナーの山口裕子さんに焦点を当てた“現代アート”な「ハローキティ展」が開催される/(c)1976,2011 SANRIO CO., LTD.

写真拡大

1974年に誕生し、今年で37年目を迎える「ハローキティ」。生み出されてきたキャラクターグッズは年間5万種類以上で、今では世界109ヶ国で愛されているという。そんな中、東京の松屋銀座では、期間限定の「ハローキティアート展」を開催。“ご当地キティ”約1000個を、本物の標本箱480個にピン止めしたものなど、「現代アート作品」としての斬新なハローキティが初公開される。

【画像】年代物のキティグッズも!

8月24日(水)から9月5日(月)までの期間、松屋銀座8階大催場にて開催される「ハローキティアート展」。これは、ハローキティデザイナーの山口裕子さんに焦点を当てつつ、自由な発想で創作された「現代アート作品」としてのハローキティの展覧会だ。キティ37年の歴史や、その文化的・社会的価値を分析し、斬新な形で展示を行う予定で、“博物館ゾーン”では約200点以上の作品が並ぶという。

山口裕子さんが何日も徹夜して描いたという大きな絵画作品やオブジェ作品など、見どころは多いのだが、その中でも注目度抜群なのが、同展のアートディレクションを手掛けた佐藤卓さん作の超ビッグな標本! 本物の標本箱480個にピン止めしたという、約1000個の“ご当地キティ”は衝撃度満点なのだ。

同展の広報担当者は、「いつもの可愛いキティちゃんだけではなく、ハローキティを一つのアート作品としてとらえ、“100年後には、キティは日本のカワイイ文化の代表として、歴史ある博物館に展示されているはず”という発想のもと、ヨーロッパの古びた博物館をイメージした会場作りをしています」とアピール。上述の標本も、そんなイメージの一部なのだそうだ。

ちなみに、“グッズ販売ゾーン”では同展限定のオリジナルグッズも多数出品されるとか。「キティグッズは女の子なら1つは持っているものだと思いますので、当展は親子三代に渡って、幅広い層に楽しんでいただけると思いますし、“懐かしい気分”に浸っていただければと思います」と同広報。ハローキティの過去・現在・未来を是非楽しんでみては?【東京ウォーカー】

【関連記事】
世界でたったひとつの「オリジナルキティ」が作れる那須ハイの新イベント、KITTYLAB! (東京ウォーカー(全国版))
AKB48とハローキティがコラボレーション「キティちゃんのように世界中から愛されるアイドルになりたい!」 (ザテレビジョン)
北川景子とキティちゃんが共演! ラブリー度MAXの新CM完成 (東京ウォーカー(全国版))
国民的キャラクター・ハローキティのお友達は国民的アイドルグループ!! (ザテレビジョン)
キティちゃんの巨大バルーンも!お台場でサンリオを代表する6作品を特別上映 (MovieWalker)