エントリーシートの書き方だけはうまくなった就活生くん、もうその時点で“負け組”が確定しているぞ

写真拡大

 8月9日、毎日コミュニケーションズが2012年春卒業予定の学生に就職活動の感想を漢字一文字で聞いたところ、企業の採用意欲の回復を背景に「楽」が「苦」を上回って3年ぶりに1位となった。

 こうした結果を象徴するかのように、今年の就活では一部の“勝ち組学生”が複数の内定を獲得するという現象が見られた。“無い内定”の学生にとってはなんともうらやましい限りだが、彼らも決して楽ではないと、人材コンサルタントの常見陽平氏は次のように指摘する。

「企業の側には、せっかく厳選採用した学生に逃げられたくないという思いが強い。だから、『(面接中に)ウチ以外を目の前で全部断ったら採用する』と迫るケースも増えました。ある大手企業は、7月に採用を開始する大手商社を受けさせないため、研修旅行と称して内定者合宿をやりました。週末に1、2泊で行くことで、就活をできなくさせたんです」

 就活生からも「あるメガバンクでは8、9回と毎週のように面接があって、(選考の日程がかぶった)ほかの企業を断らざるをえなかった」(早稲田大学)、「内定をもらった後に“承諾書”の提出を急かすところが多い。もっと自分にあった会社を見つけたかったのに……」(立命館大学)などの声が挙がった。

 内定者を拘束するなど、まるでバブル時代の就活のようだが、それだけ企業側も厳選採用していて、内定者に逃げられたら困るということでもある。

 一方で“そのほかの負け組学生”はというと、「エントリーシートの『わが社を選んだ理由を教えて下さい』という項目がまったく思いつかなくて、マニュアル本からチョイスしてきた。去年の秋から就活を始めたが、あまりの受からなさに『内定なんて都市伝説』と思っている自分がいる」(立教大学)、「就活前は本当に就職したい企業だけ受けるものだと思っていたが、今では『選んでいる場合じゃない』と、とにかく手当たり次第にエントリーしている」(日本大学)という声が聞かれるなど、大半は“無い内定”もやむなしといった状況だ。

 彼らの多くは「受からないから志望先を増やす」「でも、本来行きたい企業ではないから対策が疎(おろそ)かになる」「さらに落ちて、もっと追い詰められる」という負のスパイラルに陥っている。こうした就活生の多くは、50〜100社近い企業にエントリーし、もはや自分でも「将来どんな仕事をしたいか」がわからなくなってしまっているのだ。

「就活で欲しいのは就職後に頑張れる人材。でも、就活に熱心な人ほど『就活を頑張ってきました!』となってしまう。企業からしてみれば、これから働くんだけど……となる」(常見氏)

 就活生たちを襲う深刻な“就活格差”。各企業はますます厳選採用傾向を強めており、今後もこうした悩みは増えていくだろう。

(取材/小山田裕哉)


【関連記事】
「就活負け組」はコミュニケーション能力が欠如している
定年間近の60歳も、20代の就活生も大ダメージの「2013年問題」
「3時間以内にシャアザクを塗装せよ」。“ガンプラ入社試験”の採用ポイントは?
「原子力部門への異動希望」(東京電力)。就職人気企業に勤める20代社員の声
今では信じられない? バブル時代に本当にあった就活生の“3S接待”