2011年11月10日に発売が決定した「俺の屍を越えてゆけ」のCMが、公式サイトで先行公開されました。オリジナル版そのままのキャスティングで、岸部一徳さん演じる父親役は白髪の目立つ年齢になっており、息子役も同一キャストで、成長した姿を見せてくれています。

俺の屍を越えてゆけ | プレイステーション® オフィシャルサイト

下のムービーがPSP版のCM。1999年発売のオリジナル版から、12年という時の経過を感じさせる内容です。

PSP『俺の屍を越えてゆけ』CM - YouTube


懐かしの初代プレイステーションロゴからCMが始まります。


祖父が息を引き取るのを看取った後の帰り道か、「おじいちゃん、最期になんだって?」と、祖父の最期の言葉をたずねる息子。


視界には広い畑と田舎の風景が広がります。


「俺の屍を越えてゆけ……だって」という父の言葉を黙って聞く息子。


「笑っちゃうよな」と、乾いた笑いを漏らす父。


「生きる、死ぬ、託す。RPG、俺の屍を越えてゆけ」のフレーズとともにゲーム画面とタイトルが現れます。



「ま、生きろってことさ」と、語りかける父。


「ゲームひとすじ、プレイステーション」のフレーズが懐かしく響きます。


そして時は移り、2011年。プラットフォームもPSPに移行しました。


祖父の墓参りの帰りか、「じいさん、最期に言っただろ。『俺の屍を越えてゆけ』……」と息子に語りかける父。



目の前には12年前と変わらない風景があります。


成長し、大人としての風格が身についた息子。


「あれ、分かる気がするんだ」と、12年の時を経て、祖父の心を理解した父。


12年前と同じフレーズ、同じBGMで流れるゲーム画面は、美麗に進化していながらどこか懐かしさを感じさせます。



なんと孫が生まれていました。


「そのうちお前にも分かるさ」と語る父。


「プレイステーションポータブル」のフレーズが、時代の流れを感じさせます。


プロデューサーの桝田省治(@ShojiMasuda)さんによれば、岸部さんは12年前のCMを覚えており、快諾。息子役のキャストは、芸能関係の仕事から離れていましたが、探し出して出演交渉が行われたそうです。


・関連記事
PSP版「俺の屍を越えてゆけ」2011年11月10日に発売決定 - GIGAZINE

PSP版「俺の屍を越えてゆけ」で追加された新要素がついに公開 - GIGAZINE

リメイク版「俺の屍を越えてゆけ」職業システムと神様の一部を公開 - GIGAZINE

新たに描き起こされたキャラクター設定画やオープニングストーリーをバァーンと公開、PSPで蘇る「俺の屍を越えてゆけ」 - GIGAZINE

「俺の屍を越えてゆけ」PSP版の戦闘画面とシステムについて一部公開、奥義はよりド派手に - GIGAZINE

PSP版「俺の屍を越えてゆけ」で追加された新要素がついに公開 - GIGAZINE

異色RPG「俺の屍を越えてゆけ」の続編企画が提出中、ソニー内部でも賛同する動き - GIGAZINE

記事全文へ