地震発生時に自動点灯 いざというときに使える懐中電灯『ピオマ おしらせライト』

写真拡大




地震が起きて不安なとき、すぐに手元にあってほしい懐中電灯。決まった場所に置いてあっても、揺れが大きいと焦ってしまって見つからないこともありますよね。生方製作所は、電池切れを未然に防ぎ、地震発生時には自動点灯する電池式壁付け常備灯『ピオマ おしらせライト』を9月1日より発売します。メーカー希望小売価格は3150円(税込み)。

『ピオマ』とは“ピース・オブ・マインド(心のやすらぎ)”からつくられた造語。生方製作所は、「ふだん役に立たない」「見た目が悪い」といった理由で後回しになりがちな災害対策用品を、使いやすくデザイン性も備えたものにするべく取り組んでいます。

ピオマ おしらせライト 電池残量をお知らせ『ピオマ おしらせライト』は、壁掛けできる常備灯を兼ねた懐中電灯。電池残量が少なくなると赤いLEDランプが点滅して、電池交換をお知らせします。また、ガスマイコンメーターに搭載されている地震検知センサを搭載し、震度4相当以上の地震発生時には自動点灯。瞬時に灯りを確保してくれます。

従来の懐中電灯は、どこかに収納してしまいがちですが、シンプルでインテリアに響かないデザインですので、お部屋や廊下、階段などに違和感なく取り付けられます。ホルダーから外すとさっと点灯しますので、とっさの時にもすぐに使えて便利です。

ピオマ おしらせライト光源は明るい1W白色高輝度LEDを使用しており広範囲を照らせます。明るさはHi/Lowの二段階切り替えが可能。フラッシュライト(点滅)機能もあります。点灯時間はHi点灯で約30時間、Low点灯なら約60時間(新品乾電池使用時)。ふだんの生活にさりげなく防災グッズを取り入れたい方におすすめです。

サイズは、W42×H167×D19mm(ホルダーなし)、重さ170g(電池含む)、単3形乾電池4本で駆動します。