第一印象を覆すためのポイントとは?

写真拡大

 第一印象はとても大事なもの。もし最初に悪い印象を与えてしまったら、もう挽回はほとんど出来ないのではないか……なんてネガティブに考えてしまう人は多いだろう。
 しかし、初対面で失敗してしまっても、その印象を挽回する方法があるという。
 営業マンとして5年で10万件の飛び込み営業を行ったという二瓶達氏が執筆した『第一印象に縛られるな!』(ナナ・コーポレート・コミュニケーション/刊)から、第一印象を覆すポイントを紹介しよう。

 印象を覆すためには2つの重要なポイントがある。1つは「現状の把握」、もう1つは「的を絞る」こと。つまり、「いま、あなたはどう思われているのか?」を充分に把握したうえで、「自分はどのように見られたいのか?」を決めることが大切なのだ。
 そして印象の上書きを効果的に行うためには、相手にギャップを感じてもらうことが大切だ。ギャップは以前に感じていた印象と今、感じている印象との差から生まれるため、「現状の把握」と「的を絞る」という考え方は、ギャップを作り出すためには不可欠なのだ。また、印象を上書きする際には、それまで感じられていた印象に対して正反対のイメージを与えてはいけないという。

 営業、他の会社との打ち合わせ、就職、転職して初めての出勤の日、学校に入学して初めての登校日など、第一印象を意識するシチュエーションは日々訪れる。しかし、そこで「第一印象は大事」ではなく、「第一印象も大事」と考えられれば、もっと自分自身を表に出すことができるし、仕事でもプライベートでも良い人間関係を作れるはずだ。
(新刊JP編集部/田中規裕)


【関連記事】 元記事はこちら
モテない男のデートを尾行してみた
モテない男性とモテない女性はどっちが悲惨?
“指がきれいな男性”がモテるのはどうして?
なぜイケメン・美女ばかりがモテるのか?