僕にできるすべて(画像:amazon.co.jpより)
(C)杉井 光/岸田 メル/アスキー・メディアワークス/『神様のメモ帳』製作委員会


平成23年7月期のTVアニメ「神様のメモ帳」がAT-Xその他で放映されています。

本作は自称ニート探偵の美少女「アリス(本名 紫苑寺有子(しおんじ ゆうこ))」がコンピュータと周辺機器で埋め尽くされ常時冷房されたNEET探偵事務所(自宅)から外出せず、インターネットやニート探偵団等、助手の藤島鳴海を駆使し、各種事件を解決するというストーリーとなっています。
平坂錬次と四代目の軋轢藤島鳴海は平坂錬次と出会い、四代目の軋轢について聞かされます。

※新大久保のキャバクラ嬢であるヒソンという女性が死亡した際、四代目が盾にしたということが原因のようです。

上野のライブ会場火災の件で今回の芸能プロダクションの仕事が打ち切りかけているところを何とかしている状態。そこで上野の手芸店で店主のヨシキから平坂錬次と四代目が関西弁を交換した話を聞いた鳴海はあることを閃きます。

そして「ラーメンはなまる」にたむろしているニート探偵団の元に四代目が。どうやらアリスに仕事の依頼をしにきたようです。

※ニート探偵団が興じているのは「カタンの開拓者」というボードゲームのようです。
アリスの調査は…アリスの調査。後藤田組組長の個人口座の動きを調査。ヒソン宛に毎月生活費と思われる振込送金、そしてヒソンが亡くなった月に巨額の支出(新宿区の外科医、足立区の不動産屋)がなされていることを知ります。

※四代目を殺さなかったのは何故か?

ニート探偵団ヒロの調査。ヒソンがいたアパートの隣に住んでいた女性の話でヒソンがお腹を刺され、後藤田組組員に連れて行かれた事、肩を刺された少年がいた事。何かがリンクしてきました。

更にアリスの調査。後藤田組組長の元妻がヒソンの腹部を刺した。つまりヒソンは妊娠していたということになりそうです。

そのとき鳴海に四代目が刺されたという電話が…。

何かがリンク仕掛けてきた「神様のメモ帳」、次回も大変楽しみですね!


【ライター:清水サーシャ】


▼外部リンク
神様のメモ帳アニメ公式Webサイト
神様のメモ帳 (電撃文庫) [文庫]

■関連記事
【アニメ】「ましろ色シンフォニー」放映局発表!
【画伯】はいだしょうこさん、セーラー服を着る
【アニメ】「ロウきゅーぶ!」第7話はダブルブッキングな展開(ネタばれ注意)
【アニメ】「輪るピングドラム」第6話は古い日記な展開(ネタばれ注意)
【アニメ】「うさぎドロップ」第7話は「春子さんと一緒」な展開(ネタばれ注意)