主題歌は椎名林檎2年半ぶりの新曲、コシノ3姉妹の母がモデルのNHK朝ドラ

写真拡大

 NHKが「コシノ3姉妹」の母 小篠綾子(コシノアヤコ)氏をモデルにした連続テレビ小説「カーネーション」の主題歌を椎名林檎が務めると発表した。東京事変としてではなく"椎名林檎"名義でのリリースは、2009年の「ありあまる富」以来約2年半ぶり。9月26日より放映を開始する「カーネーション」には、ヒロインに選ばれた若手注目女優・尾野真千子他、栗山千明や小林薫らの出演が決定している。

コシノ母モデル物語に椎名林檎の画像を拡大

 国民的ドラマ番組、NHK連続テレビ小説(=朝ドラ)の第85作目にあたる「カーネーション」の舞台は、だんじりの街として知られる大阪・岸和田市。今や日本を代表するデザイナー3姉妹コシノヒロコ、コシノジュンコ、コシノミチコを"ファッションデザイナー"へと育て上げた母 小篠綾子氏をモデルとしたヒロインの波乱万丈な生涯を描く。脚本は映画「ジョゼと虎と魚たち」を手がけた渡辺あや。ヒロイン小原糸子役に選ばれた尾野真千子は、映画を中心に活躍する若手注目女優で最近ではフジテレビ系列のドラマ「名前をなくした女神」に出演したことでも知られている。

 ファッションを通して人々に夢と喜びを与えることに生涯を捧げたヒロインとその家族を描く「カーネーション」のオープニングを飾る主題歌には、ドラマ制作スタッフからの熱い要望を受け、椎名林檎の書き下ろしが決定。椎名林檎初の朝ドラ主題歌となる楽曲タイトルはドラマと同じ「カーネーション」。「情熱」と「母の愛情」の花言葉を持ち、母の日に贈る花として世界中で愛されているカーネーションに象徴されるヒロインの生涯を描いた同ドラマに向けた"渾身の一曲"に仕上げている。
 
 椎名林檎はNHKの公式ページに、「いのちをいただき、生かされている者だけに通う、かなしみ、よろこび。渡辺あや先生のこの脚本には、それら全部がすっかり入って居て、少しもきれいごとじゃありませんでした。或る種、残酷とも感じられるほどリアルな本作。わたしも恥じぬよう、丸腰で取り組む思いでした。」と新曲に込めた思いを綴り、「どうかこの曲が、ドラマへ溶け込んでくれますように。そして視聴者のみなさまへそっと寄添う曲になりますように。 」とメッセージを寄せている。椎名林檎のニュー・シングル「カーネーション」は、今秋に発売予定。