真実の嘘・虚構の真実(画像:amazon.co.jpより)
(C)あさのあつこ・講談社/No.6製作委員会


平成23年7月期「NO.6」がフジテレビその他で放映されています。

※本作品は、あさのあつこの近未来SF小説で理想都市「NO.6」の高級住宅街「クロノス」と「ロストタウン」を舞台に語られる出来事をテーマにしています。
火藍の行動は…火藍(紫苑の母)は沙布について役所へ確認しますが、何故か情報は抹消されている様子。

その後、公園のベンチにいると一人のお婆さんがやってきて世間話をします。

「ここ(No.6)は理想的な都市ですね。」

しかし、そのことに火藍は疑念を抱く趣旨の話をすると楊眠(白髪交じりの男性)が火藍を呼び出します。お婆さんも治安局のスパイである可能性があると、No.6は治安局による情報操作と矯正施設送りという暗黒部分があるとの話をします。
紫苑の嘘・ネズミの嘘ネズミは火藍からの手紙、「治安局が沙布を連行した」を紫苑に伝えなかったのです。そして、一方の紫苑は矯正施設潜入のためにネズミに嘘をつきます。

それらは、お互いに嘘をついているのですが(少なくとも真実を伝えていない)、それらは真実を伝えたとしても結局は解決しない真実、それでは嘘のままのほうが良かったのでしょうか?

ネズミは金貨2枚でイヌカシに矯正施設の情報を探すように依頼をしているので決して最後まで嘘を通すつもりでもないのですが、火藍からの手紙をそのまま紫苑に伝えると紫苑はすぐにでも強制施設へ潜入してしまうだろうと事実を伝えない。それは真実?それとも嘘?

「NO.6」、次回も楽しみですね!


【ライター:清水サーシャ】


▼外部リンク

「NO.6」TVアニメ版公式Webサイト
NO.6♯1 (講談社文庫) [文庫]

■関連記事
【GREE】more games、画面をこすって、私を見つけて♪萌え系美少女アプリ『マジカ★スクラッチ』を配信スタート
【おやつ】森永乳業、2種類のアイスを混ぜ合わせた「「MOW(モウ)」 カプチーノ」を期間限定発売
【二度見】加藤茶さん、ちょっとだけよと噂の新妻を紹介
【鏡月グリーン】サントリーHPにて東海(日本海)の表記が見つかる
【AKB48】新曲「フライングゲット」がレコチョク2冠達成!!